オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

ベストとフィッターと椅子

ベストの着こなし
今日も予約で埋まり、脳みそフル回転で濃密な時間だった。
暑さにプラスしてフィッターとして動きやすい、
ベスト+ストレッチデニムという機能面では無敵のスタイル、
これはフィッティングの合間だった。

ベストの着こなし2

このベストはイタリア素材の千鳥格子で、
シャツはリネンのヘリンボーン柄に、5センチのナローなフレスコタイ。
デニムはケアレーベルで、
昨日に続いての登板となった。

大阪から来店いただいた方から、
【こんなに丁寧に採寸して貰ったのは初めてだ】と言っていただいた。
さらに奥様から、【ここで良かったよ】と言っていただけ、

まだ完成していないのに、
こう言っていただけるということが、
実はフィッターとしての喜びである。

そう、まだ完成していないのに。

まだ商品が完成もしていないのに、
同じように言うとしたらどんなときだろう。

そういえば家具を買いに目黒通りを歩いて、
ある家具屋に入ったとき、
こんな家具を探していて、、と写真を見せたとき、
同じようなことを思ったことがある。

その家具屋はあきらかにこだわりのオーナーがいて、
一人か二人で営まれている雰囲気だ。
推測するにオーナーが対応してくれ、

【あぁ、この家具なら、〇〇の△△のデザイナーで、何年物だろう】
とか、
【ここにガラスがあるな、これは希少だ】
とか、
【この年代なら木ネジだ】
など、もう出るわ出るわ、
知らない知識のオンパレード。

あの日だけで、すっかり家具通になってしまった。
20代後半の私は、あの40万円のビンテージ家具は手が出なかった。
今考えてもうっとりする棚だ。

ちなみに今その棚を探してももう目黒にはない。
目黒はおろか、現物はもうない。
あるのは私のアイフォンに、時々閲覧するためにあるだけだ。

そんな棚を目の前に、目黒のこだわり家具屋で、
その方が見てきた家具の世界観を感じ、
その後その店で一脚のラウンジチェアを買った。
ウェグナーのような名前の知れたデザイナーのではないのだが、
その店でその椅子に出会え、その人から買ったことを昨日のように思い出す。

その椅子は私の宝物で、
今でも書斎のお気に入りだ。

あの椅子が届く前に、
【ここで良かった】と思えたものである。

最近インターネッドで見つけてヘッドスパに行ったが、
やはり良い施術者に巡り合え、
キター!と思ったものである。

そう、何事も、その仕事を愛している人に対応してもらうと嬉しい。

こうして買ったものは、
末永くケアをして愛着を持ってつかえる。
誰に、はとても大事なのだと思う。

松 甫

  • ベストの着こなし2
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

2016年7月3日 ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | style