オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
スーツ ジャケット スタイル

入園式のネイビースーツとドレイクスとマドリードダービーと

ドレイクスのタイ

満開の桜に降り注ぐ春の雨、今日もボットーネ表参道サロンは予約で全時間が埋まって、フィッティングが続いた。
今日はさすがにスウェードの靴と雨用バッグで出勤して、スーツに着替える。

オーダースーツ 東京 ボットーネ
タイはドレイクス。
春夏らしいアクアブルーのレジメンタルで、最近のドレイクスはどうも大剣の幅がトレンド手伝って細かったのだが、このドレイクスは9センチと太めで気に入っている。

このオーダースーツはイタリアの素材で柔らかく、ボタンを茶蝶貝にして遊んでいる。
珍しくチェンジポケットにしなかったのは、過去、息子の幼稚園の入園式に向けて誂えたためだ。
式典ならもうちょっとダークネイビーだろう、という声が聞こえてきそうだが、このネイビーは屋内ならば結構ネイビーに見える。
割と大きな企業を経営されているご両親も多いイメージだったので、ファッションに携わる者としてはあまり重厚な感じを出したくなかった。
それと、よくある幼稚園の前での親子写真で、ちょっと青い!というのを狙ったのもある。

4月だし、久々にスリーピースで着てみたスーツだ。

雨の表参道

昨日はマドリードダービーの開始時間が近くなってきたためにソワソワしている22時の中之丸、ありがたいことに昨日も予約で満席で、妥協せず細かなディテールを打ち合わせしてフィッティングし、いつの間にか22時だったのだ。
納得ゆく仕事をして帰宅し、無事マドリードダービーに間に合ったようで、サッカーについては知識のない私はダービーと聞いて靴のことしか浮かばなかったが、中之丸が言ったマドリードダービーという用語が格好良く、思わずテレビをつけてみた。
そして液晶のディスプレイにうつったアトレティコのエンブレムの格好良さに痺れたのだった。

タキシードのカフリンクス

用語といえば、今日はタキシードのオーダーメイド時に、オニキスのスタッドボタンを推奨したところ、
《オニキスという響きが素敵ですね》と言われ、確かに、と思った。
今日はミッドナイトブルーの生地を提案したが、ミッドナイトブルーも響きが素敵だ、と良く言われ、テーラーをやっていると日常会話のような用語だからピンとこなかったが、マドリードダービーという用語が格好良かったため、あぁこういうことか!としっくりきたのだった。

雨の表参道

雨の東京 表参道は色とりどりの傘。

雨の表参道

ネイビーのフォックスアンブレラをさして、お弁当を買いに。
写真上部に映るのがフォックスアンブレラです、と思わず書いてしまうような不思議な写真になってしまった。
 
前方には雨にも関わらず行列が。
人気おすすめスポットに雨は関係ないようだ。

  • オーダースーツ 東京 ボットーネ
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の隠れ家オーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやカウンセリングを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツをはじめ、述べ2,000人以上。

2017年4月9日
ボットーネ 松のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | スーツ ジャケット スタイル

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ

Recent Articles