オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

メンズウエア素材の基礎知識 講座 桝見本

スーツ生地
スーツを作ったことがある方はバンチをご存知だと思う。
バンチ、バンチブック、そのように呼ばれるのが生地の見本帳だ。
見本はバンチの他にカードに貼られたカードサンプル、スワッチ、
予め3.2m程度カットした状態で生地がサンプルになっている、着分(ちゃくぶん)というのもある。

バンチだと、20枚が一冊になっているものもあれば、
100枚程度の生地見本が入っている場合もあり、
このバンチの生地は、桝見本から選び抜かれた100枚なのだ。

そもそも、生地を作るために、まずデザインを考えるわけだ。
柄、色、そして糸の太さなど、掛け合わせられる要因は様々だ。
もちろんイメージして一発勝負で生地にするわけではない、リスクが高すぎる。
染色にだって変化もあるし、柄が思ったより目立たないな、ということもあるだろう。

ということで、まず小さな面積で試作をするわけだ。
その試作をするために、桝見本(ブランケットサンプル)が登場するのである。

桝見本とは、150センチ幅の広い生地に、
ひと桝10センチの”桝”が並んでいる。
まさに読んで字のごとくだ。

生地 桝見本
「これが桝見本。」
大西基之先生はそう言って、鞄から出した桝見本を両手いっぱいに広げた。
ところどころ抜かれている。

桝見本

10cm×10cmの桝が幾重に並ぶ。
桝ごとに、縦と横の配色を変える。
様々な色味を小さいマス目で確認して、この中から選定作業をするのだ。

単純に、生地の色は明るいグレーで、
柄はグレンチェックチェックで、オーバーペンの色はブルーでOK、などとすんなりいくわけではないのだ。
生地は、色・柄・素材の組み合わせが変わるだけで、全く別の印象になるからだ。

この一つずつ色が違う、色違いを、
色ナレという。

カノニコ新作生地
例えば、このサンプルでいうと左下の2612-8938の色ナレが、2612-8937となる。

「一つの品質で色をかえるのを、色ナレというんだけど、
スーツを仕立てる時に、他のナレは?なんていえば、こいつうるさいな、と思われるね(笑)。」

このような工程を経て選ばれた一枚が、毎シーズンのバンチに組み込まれる。
生地からすると激戦というわけだ。

このように、桝見本、桝を制作するというだけでも非常に重要な仕事だ。
なぜならば、この見本次第で売れ行きが変わるのだから、
社運を賭けたプロジェクトであることは言うまでもない。
メゾンブランドならばパリ・ミラノコレクションに相当するといっても過言ではない。

%e5%87%ba%e5%90%88%e3%81%84%e3%82%92%e5%a4%96%e3%81%97%e3%81%9f%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%83%e3%82%af

「横(のライン)が強くなると太ってみえる。
痩せてみせるために、ストライプ柄があるわけだから。
グレンチェックなんかも同じ。
だから出合いをとっているけど、変なところをとると・・・
最終的に服になったときにどうなるか?を想像しながら桝を抜かないといけない。」

決定した見本は在庫で抱えるわけだ、
どのくらいのストックを用意しておくのか?も大切になってくる。

ここで実は、イタリアのビエラ地区と、日本との大きな違いがあるのだ。
通常日本では、この桝を制作する設計者は、「柄師(がらし)」だ。
柄師は技術者だ。

技術者が悪いわけではないのだが、
当然経歴として多くなるのが、工業学校・繊維化出身者となるわけだ。
考えてみて欲しい、ファッションとは縁遠いところにいるのだ。

大西基之

IMG_6646ではイタリアはどうか?というと、
このポジションには「デザイナー」が就く。
そしてデザイナーは織機を扱うこともあるという。
高いファッション感性を持った技術者なのだ。

そのため、彼(彼女)らの給与は、
社長に次ぐ高収入ということがザラなのだ。
日本では考えられないことかもしれないが、
デザインとはそのくらい価値のあることなのだ。

写真はフランスのマーチャントだが、
ドーメルの社長とともに来日されていた、
ドーメル・テキスタイルデザイナーのアイリーン氏。

そして勝ち組ビエラ(イタリア)と衰退する英国生地・日本生地と
でも書いたように、イタリアは紡績、染色、整職、整理、検反、出荷まで全てを行う
一貫紡が多い。
だからなおのこと生地のデザイン、染色などが重要になり、
他ブランドにもトレンドが流出しにくいから、
オリジナリティが高い。

こうしたこともイタリア素材の強みなのだ。

  • 生地 桝見本
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

2016年11月5日 ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | Cloth