オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

コードレーンのジャケットの着こなしは

コードレーンのジャケット コーディネート。薄手ジャケットをコーディネートする上で、ちょうどこの5月から合わせたいのが、コードレーン。
カルロ・バルベラのシルクリネンがちょうど良い気候。

薄手ジャケットをコーディネートする上で、ちょうどこの5月から合わせたいのが、コードレーン。
カルロ・バルベラのシルクリネンがちょうど良い気候。
でもボタンダウンはキャラじゃないのでやめておこうと思う。

タイはBOTTONE製オーダーメイドのセッテピエゲ。
ボルサリーノのパナマファインのリボンとタイを合わせた。
着回し:ジャケット着こなしで使用しているパンツは昨日と同じ
着回し:ジャケット着こなしで使用しているポケットチーフはこの日と同じ

コードレーンのメンズジャケットの着こなしコーディネート例。胸ポケットのアウトポケットは成功だった。
胸ポケットのアウトポケットは成功だった。
これは2年前にオーダーしたもの。

コードレーンとは、夏のスーツ地やジャケット地に良く見られる、
平織の素材。
様々な色はあるが、だいたいはこのブルーにホワイトで、
畝(うね)も特徴的。

着心地としてはウールよりも涼しく、通気性も良い。
またコードレーン独特の見た目の清涼感があるため、
クールビズに対応したオフィシャルなスタイルでも活躍すると思う。

コットン素材が多く、やや太い糸で、メンズ素材のイメージだが、
最近はレディースにもコードレーンのジャケットの着用が見られる。
アメトラ・スタイルのジャケットだが、現代風にモデファイされているわけだ。
それから、コードレーンはジャケットだけでなくコードレーン・パンツも良い。

さて、連休が終わり、納品ラッシュが終わり、
給水所に差し掛かったランナーのように、
メンテナンスしながらさらに走り続けるような、
そんな土曜日。

そういえば、もうかれこれ10年近くゴールデンウイークとは無縁である。
無縁といってもオーダーは少なくない時期だから、
私にとっては仕事週間といえる。

もしある程度まとまった休暇があり、
バリにでも行ったならば、
コードレーンやシアサッカーの上下セットアップに、リネンシャツかポロシャツで過ごしたいところだ。
冒頭のコードレーンのジャケットにハーフパンツというセットも持っていくかもしれない。

連休といえば、7月には富山に帰省する。
富山というと雪国のイメージだが、夏まっさかりな富山は例年暑い。
東京とはまた違った暑さだ。
昨年の富山帰省

子供たちと海ということも想定して、
2年目のチェック・パンツをリメイクすることにした。
このコードレーンジャケットやリネンジャケット、
それからポロシャツに合わせるハーフパンツにするのだ。

また一つ、密かな楽しみが生まれた。

松 はじめ

  • コードレーンのジャケット コーディネート
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

2016年5月7日 ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | style