オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

ブルースーツと二枚衿シャツ

ブルーのスーツのコーディネート
本日は、ネイビーというより、ブルーという表現が適切な
英国 ホーランドシェリー社の生地で誂えたスリーピーススーツ。

オーダースーツ ブルー

タイはエルメス、
シャツは衿が二枚になっており、
内側の衿は白のヘリンボーンにしてあるオーダーシャツ。

私はボタンダウンのシャツはほとんど着ないが、
これはボタンダウン。
まぁいいか、日曜だし、というリラックス感が出る。

このスーツは染色はイタリアだが、
英国で織っているから構築的だ。
英国のウーステッド(梳毛)の生地は、経糸も緯糸も双糸であるから、
非常に耐久度も優れている。

しかし近年は非常に洋服がタイトになったから、
イタリア生地も、強撚糸が増えた。
ぬめりを強めるなら甘撚りといって、
1インチ間の撚り回数を18回以下にする、

普通の撚りは、
18回から21回撚る。

強撚とは、
それ以上に多く撚っていて、
ハリやコシがあり、耐久度も上がる。

以前は英国生地は、
どうも色がくすんでいた。
それが味ではあったが、
近年の英国生地は、打ち込みはしっかりしているのに、
色鮮やかなバリエーションが増えた。

それでどうも英国にどっぷりなのだ。

IMG_9008

IMG_9010

本日はK様へ納品。
ジャケット+パンツ+シャツ+靴、全てコーディネート。
ご自身では絶対に選ばないであろうスタイル、
今までにない雰囲気、
とてもよかった。

  • ブルーのスーツのコーディネート
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

2016年1月31日 ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | style