オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
スーツ ジャケット スタイル

15センチの遊び心 マリネッラ ソットブラッチョ

ソットブラッチョ
今日はマリネッラソットブラッチョというバッグ。
ブルーのタイと色を合わせ、ピンクのボタンダウンシャツで合わせてみた。

マリネッラというのは、1914年創業のイタリア・ナポリのネクタイ屋さん。
ナポリといえば以前生地マーチャント(商社)のアリストンについて紹介したことがあるが、こちらの生地の色遣いも秀逸だけど、マリネッラも同じく美しい。

そのマリネッラが展開しているバッグ、ソットブラッチョ。
ソットブラッチョ(Sotto Braccio)というのは、Sotto=下 Braccio=腕・脇・アームというような意味のようで、つまり脇の下に持つという意味のバッグ。
ナポリの経理担当の役人が使っていた鞄が原型といわれているようで、彼は鞄をくっと二つに折って、脇に抱えて使っていた、両手を空けるために。なんと粋な。
そんなソットブラッチョはマリネッラ以外からも出ているが、有名なのがマリネッラ。

ソットブラッチョ バッグ マリネッラ ジャケット
バッグを広げた状態だとA4ブリーフケース、前述したようにくるっと折りたたみ可能でご覧のようなコンパクトなバッグに変身するレザーアイテムは、高さ15センチの計算されたフォルムに、見れば見るほどハマってしまう。
広げても一般的なブリーフケースとさほど変わらない容量で、そこまで物は入らないけど、物を詰め込むカバンではないし、例えば京都出張の時に折りたたんでボストンにしのばせ、ホテルにチェックインした後に祇園で一杯、ってな時に小脇に抱えて歩くのにちょうど良さそうだ。

ちなみに京都出張の予定は特にはないが、時々訪れるクライアントM氏はちょくちょく京都に行き、見つけたイタリアンのおいしい情報を下さるため、気持ちだけ京都に飛んでいる今日このごろなのであった。

六本木ミッドタウンや丸の内のマリネッラ ナポリで入手できる。

ソットブラッチョ
こんな風にクラッチのように持つと粋なバッグ。
このバッグはナポリから不定期に少量入荷するらしく、カラーバリエーションも豊富だ。

さて、今日も昨日も予約で満席となったサロン。
こんな日に限ってアルバイトクルーKが、お母様の上京というイベントのためにおやすみ。
私と中之丸の2名で生地の提案、採寸、フィッティング、納品や調整、それに予約フィックス、、ついついこだわってしまいフィッティングが押す、そして次の方が来店・・・。

京都出張はなさそうだけど、群馬出張は近い。
ソットブラッチョが良きお供になるのかな。

  • ソットブラッチョ
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2017年5月28日
ボットーネ 松のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | スーツ ジャケット スタイル

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles