オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ

スーツやシャツをクリーニングに出すときの注意点は?

本日は午後から、クリーニングに出していたシャツを引き取りに、
いつもお世話になっているクリーニング店へ行ってきました。
南青山にあるクリーニング店は、表参道サロンから歩いて7分程度。
学生の春休みと重なり、いつも以上に賑わう表参道通りを進みます。

 

 

クリーニングといえば、お客様にタキシードやスーツを納品させていただく際に、
「どのくらいの期間でクリーニングに出せばいいんですか?」
「何か気を付けることはありますか?」と良く質問をいただきます。

 

まずはクリーニングに出す頻度ですが、実はあまり頻繁に出さない方が良いんです。
夏場は特に汗をかくので、できるだけ早くクリーニングに出したくなると思いますが、
実は、よくあるドライクリーニングでは表面的な汚れは落とせても、汗汚れは落とせていないんです。

水洗いでないと汗汚れは取り除けないですし、
さらに、ドライはウールの持つ油分をどんどん奪っていくので、スーツにとっても優しいものではありません。

 

それよりも、スチームやブラッシングでの日頃の手入れの方が大事なんですね、、、。

この辺りは、弊社代表のブログでも度々ご紹介しておりますので是非チェックし てみてください。

 

 

対して、シャツはクリーニングでパリッと仕上がったものが気持ちが良いですよね。
丁寧にアイロンがけしても、プロの出来栄えには当然かないません。

 

シャツのクリーニングでのポイントは一つ、「手仕上げ」に拘っているお店。
ご近所に、個人経営のクリーニング店はありませんか? そのお店です。

機械的なプレスしか行わない大きなチェーン店と違って、ひとつひとつ丁寧に職人さんがアイロンがけしてくれるお店は安心感が各段に違います。
コスト面ではチェーン店にはかないませんが、その分シャツひとつでも愛情をかけて丁寧にアイロンがけしてくれます。

「これは大切なシャツなので、、、」と一言伝えれば、腕によりをかけて仕上げてくれることでしょう。

 

店主の方と仲良くなっておけば、いざ困った時に優先的に仕上げてくれたり、細かな要望にも応えてくれたり、、、なんてのも個人店の魅力ですよね。
私は何度か、家の近所のクリーニング店に助けられています。

 

ということで、皆さんも「いきつけのクリーニング店」を探してみてくださいね。

中之丸中之丸 記事一覧はこちら>>建築デザイナーの父を持ち、一度は大手企業へと入社。5年勤務ののち、心の声に従い上京し、ボットーネに入社。
人生で情熱を注げることは2つ、1つはサッカー、もう1つはスーツ。
何事もコツコツ、地道に基礎を固め着実に行う動作の安心感の高さはクライアントからの評価も高い。

2018年3月30日
スーツの着こなし術 | ケア

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles