オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

TAKE IVY

アイビースタイル
「それ、いいね」
今朝、テーパードのよく効いたデニムに、初めて袖を通した、マルタンマルジェラのニットを着て、リビングに降りたら妻からそう言われ、機嫌良くなっていたら、
「ちょっと着てみてもいい?」
と言われたのが最後、マルタンマルジェラは妻の服と化した。

take-ivy
ボートを降ろす、ダートマスのボート部員(左)

私と妻はパーソナルカラー(似合う色)の属性も一緒だし、
近年はレディースもオーバーサイズで着用するスタイルがトレンドだから、
メンズのSはいい感じに彼女にはまったのだ。

実は息子に同じ糸色のミニ・マフラーを買っていて、
お揃いで着ようかなと思っていたのだが、
まぁ妻と息子がお揃いというのも良いかなと、彼女にプレゼントした。

take-ivy
プリンストンの学生。Tシャツの袖にはスクール・カラー。

私はムキになったわけではないが、マルタンマルジェラのオリーブグリーンのスウェットにストールを巻くことにした。
今日は定休日だが、いただいているオーダーの設計の詰めと、
Myスーツ&ジャケットの素材選定もして、間に合えばヘッドスパ!
娘の誕生日、何着ようかな、などと考えつつ、TAKE IVYを眺めながら休日出社だ。

take-ivy

take-ivy

TAKE IVY
現代も色褪せることない、メンズファッション「アイビー」。
『TAKE IVY』は、1965年発行のアイビースタイルのバイブルと称された本。

  • take-ivy
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

2016年9月21日 ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | Other