オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

宮城興業と焼酎

スーツ・タキシード コンシェルジュ
「これ、良かったら・・・」と、アルバイトの嶋田くんはお菓子セットをくれた。
「先日、講義に出席させていただいて、そしてお蕎麦もごちそうになって、お返しせずにはいられませんでして・・」と、
いわゆるイマドキの若者とは一線を画す23歳の日本男児、猛烈に感動してしまった。

そんな週末、マローネ(栗色)とネイビーは鉄板の組み合わせだが、
週末のサロンの気分にピッタリだった。

Suit:FRATELLI TALLIA DI DELFINO
Pocket chief:HOLLAND & SHERRY
Shoes:宮城興業

宮城興業の靴

猛烈に感動した、といえば、履いている靴で、宮城興業のパターンオーダー靴も多いのだが、
宮城興業といっても山形にある。
もともとは宮城だったのだが、戦争の関係で山形に移転したのだそうだ。

宮城興業の靴の制作現場に見学に行ったのは確か2年前。

山形出張
靴の工房の感動はもちろんだったのだが、
なんとバッタリ焼酎居酒屋を見つけ、大好きな焼酎を見つけて、猛烈に感動した。

p1070211
今はシンガポールに住んでいる友人から、
「はじめさん、ぜひ飲んでいただきたい焼酎があるんです」
と、勧められたことがある。
彼は異様なまでに酒に対してこだわりと見識があり、
とにかく一つの酒蔵について30分くらい情熱的に語るので、
都内の焼酎バーに飽き足らず、都内&神奈川の酒屋巡りを決行した。

いわゆるプレミア焼酎というものがトレンドだったこともあり、
ネットでも驚くような高値がついていた魔王・兼八などが、九州の地元価格で買える。
もっといえば、ブランドのついたものではなく、もっと美味しい、地元で愛されている、
そんな隠れた名酒はゴロゴロと転がっていて、それを発掘する旅だった。

鷺ノ宮では、試飲を繰り返すたびに顔は赤らみ、
その後は小田急に乗って鶴川まで行って、20分バスに乗って山間を走った後にたどり着く酒屋にも行った。
そんな風にとてつもなく何かに凝ると、どうも止まらない。

ということで、宮城興業から大きく話は逸脱したが、
宮城興業・9分仕立てというのがおススメ!

  • 宮城興業の靴
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

2016年9月12日 ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | Other