オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

好敵手

image朝は、溜まっていた仕事を4本こなし、

それから、ピータードラッカーのイノベーションと企業家精神を買った、

その中で印象的だった、ヨーロッパ文化をうまく取り入れ、植民地にならず日本を築くということを、まさに柔道だ、とドラッカー先生が言ったフレーズ。

なるほどなあと思う、

強い相手の力を利用して、結果相手を投げる、そしてこれはイノベーションと。

それから朝礼、スーツの打ち合わせ、打ち合わせ、打ち合わせ、ご納品、ご納品、その間に撮影、ブログの更新、

本日も、濃い。

そして、ワクワクした、

なんと、好敵手、ライバルが現れた。

姿形のない情報戦の闘いから、ついに陸にてぶつかった、そんな衝撃である。

なんとも言えない爽快感があるのは、自分の力を過信しているわけでもなければ、強がりではない、

おそらく、ずっと待っていたのだ。

もはや、やるか、するか、その二択。

敵国に上陸した、今から船を燃やす、帰る道は一つ、敵国を滅ぼして船を奪い、帰国するのみ、そんな山本五十六の闘い方ではないが、もはや気持ち良いくらい、やるしかないという想い。

しかし、敵国は強力な武器と兵力がある、さて、どうする?

そう想い、周りを見た。

2006年の創業のとき、1人だった。

1人でも同じような情熱を燃やしていた、

でも、今は3人の仲間がいた。

生産管理クルーは、撮影に異様なこだわりを見せ、ミリ単位のカメラ設置にごだわるし、

コンシェルジュ工藤はテーラーなのに動画編集ができ、《また今日も泣き虫だが》

サブマネ小寺が現場を指揮しながらモデル。

そして、まさか今日がそんな日になるとは思ってもいなかったし、

常に自分との闘いだと思っていたが、

ライバルっていいなあ、と。

まだまだスタートすらしていない、

今日はなかなかのムービーも撮れた。

オーダースーツもオーダータキシードも、

会社作りもお店作りも、

全ては人。

また泣いたクルーがいるらしいが笑

日々成長である。

それにサブマネが愛を持って叱れるようになってる。やる気ない人には叱る気しないから。

明日も真北へ!

  • image
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

2015年12月8日 ブログ | ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ