オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
明日は何着よう?松はじめのスーツの着こなし術

アバクロは高級ハンティング店だった!カウボーイの服装とステーキも関係していたという話

ランチ

今日はどこでランチをしようかな?

ところでランチ(lunch)といえば、デュードランチ(dude ranch)という言葉をご存知だろうか?

ランチといっても、Lunchではなくて、Ranch(牧場)。

服飾評論家の出石尚三先生から聞いた実話だ。

ざっくりいうと、

・アバクロンビー&フィッチ(アバクロ)は高級ハンティング専門店だった。 

・あることでカウボーイ体験イベントが流行り、アバクロで買った

・実はアメリカ大暴落で肉が売れなくて、なんとか考えた観光産業がカウボーイ体験だった

アバクロンビー&フィッチ

アメリカ本社のカジュアルファッションのブランド。通称はアバクロ。

アメリカでステーキが売れなくなった

ということで、1930年代に、デュードランチというのがアメリカ東部で流行ったのだそうだ。
流行ったデュードランチが考えられた経緯はこんな感じだ。

1929年のアメリカの大暴落が起こった。

不景気になったので、ニューヨークでステーキが売れなくなってしまった。

大恐慌とステーキ

牛はとっても高値で取引されていたので、こんなところにも不景気の影響が出たのだ。

たとえば、アメリカ西部の牧場の牛を、貨車に積んでニューヨークなど東部に送る。

100ドルだった牛が1000ドルで売れるような、まさに右から左に流すだけで10倍の値で取引されていた牛。
ところがステーキが売れなくなり、困ったのは、西武の牧場主だったのだ。

牛が売れない・・どうしよう・・そこで考えたのが、カウボーイになって牧場を観光として体験しよう!という企画で、デュード・ランチ(Dude ranch)という。

現代でも、農家を体験しよう!というような町興しイベントはあると思うけれど、そのような感じだと思う。

カウボーイの服がわからない

カウボーイになってみよう!というこの企画。

なかなか面白い!とアッパー層が飛びついた。
ところが、一体全体どのような服を着ればよいのか、、さっぱりわからなかった。

dude ranch

東部のお洒落な人たちが、カーボウイのスタイルを知らない。
そこでエスクァイア誌が、《着ていくものがわからなかったら、電話ください。》と記載した。
それで教えた(紹介したお店)が、アバクロンビー&フィッチ。

出石尚三先生


アバクロンビー&フィッチのウェブ


アメリカの雑誌

現代のようにインスタグラムというSNSなどを通して、瞬時に写真を共有できる時代ではないから、
ニューヨークの最先端のファッショナブルな富裕層も、カーボウイスタイルは知らなかった。

そこで雑誌にファッションのことなら電話下さい!お答えしますよ、と電話すると、
カウボーイ・スタイルならアバクロへ行ってみたならばいかがですか!と伝えたのだそうだ。
今のアバクロからは想像できないけれど、なかなかコアで高級なものを扱っていたということだ。

アバクロは高級ハンティング店だった


アバクロンビー&フィッチはもともとハンティング専門店で、その他非常に高級な物を取り扱っていた。

靴カゴという物があって、買いに行くと(日本円にして)100万円くらいで売られていたそうだ。

なぜ靴かごがそんなに高いのか?

こちらは象の足くり抜いておりまして・・・と、そういう高価なものばかり扱っていたのだ。

しかし、服装に困ったならば電話をして、ここがオススメ!と指南してもらえるとは、素晴らしいファッション・コンシェルジュ・サービス。

37 Roast Beef (サーティーセブン ローストビーフ)

ステーキの話題も出たことだし、ランチはステーキではないが表参道ヒルズにある37 Roast Beef (サーティーセブン ローストビーフ)へ。

37 Roast Beef (サーティーセブン ローストビーフ)

ステーキとローストビーフは良く似ているイメージなのだが、調理方法が違う。
ステーキは鉄板に油を敷き蒸し焼くのだが、ローストビーフは主にオーブンで焼くのだって。

37 Roast Beef (サーティーセブン ローストビーフ)

ローストビーフも良いけれど少々ボリュームを感じたので、

37 Roast Beef (サーティーセブン ローストビーフ)
USリブロースのロコビーフ丼をオーダー。

37 Roast Beef (サーティーセブン ローストビーフ)
アボガドが良く合う〜
久しぶりのビーフシチューであった。

37 Roast Beef (サーティーセブン ローストビーフ)

今度はブーツとハットを合わせて、ステーキ・ランチも良いかも。
さて、明日は何着よう?

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2018年5月24日
ライフスタイル | コラム
タグ:,

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles