オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
Other

人工知能がファッションのコーディネートする時代はくるのか?

amd-1310766_1280

《人間が人工知能に支配される日はもうすぐそこまで来ている!》

そんなことをお酒の席で言った友人がいたのだが、まさか?と思ったけれど、前人未到の29連勝の樹立した藤井聡太氏は将棋AIを駆使して弱点克服した、という記事を見かけたけれど、人工知能はなかなか進化しているようだ。
あのトヨタ自動車も、アメリカに人口知能の研究・開発を行う新会社を設立しているような時代だ。
 
まず考えてみたならば、私が人工知能と初めて出会ったのはいつだろうか?
それは任天堂のファミコンというゲーム機が主流で、RPGゲームでドラゴンクエストというゲームがあるのだが、その中で体験したものだった。
 
ドラゴンクエスト、略するとドラクエというゲームは徹夜で並んで購入する、というような社会現象にもなったことがあるのが私の世代で、ドラクエ4という第四弾に人工知能AIが搭載されていたのだ。

minecraft-1887226_1280

 
搭載といっても、敵と対峙するときに、どういう方針で進めるのか?を決めると仲間たちはその方針の元、戦いを進めるといったレベルだ。
例えば攻撃を主軸にしよう、というガンガン行こうぜ!であったり、守りに徹しようという命を大事に、であったり、ある程度のビジョンを掲げると、それに基づいた戦闘を行う。
それで少しずつ、あぁ、ここはこの呪文の方が良いのかも、この敵にはこの戦闘が有利、というような学びを重ねていくから、戦いを繰り返すごとにAIの精度が上がっていく。
 
それで、このゲームは楽しかったのだろうか?
結局、人工知能を使わず、こちらが思ったようにプレイできる、命令させろ、というのがあった。
私は結局この、自分で指示をしたいというところに行き着いてしまったのだ。
だって、ゲームだ。
いくら人工知能が強くなっていったとしても、コントローラーを手放して冷房の効いた部屋でジュースを飲みながら、ただ人工知能が勝っていく(負けていく)姿を見ていたいがためにそのゲームを購入したわけではないのだ。

ファミコン

 
私が幼稚園のころ、ファミコンは全家庭にあったわけではなかったから、かつてのテレビがある家、というような状態で、ファミコンがある家は大人気だった。
私はファミコンがある家、西川君の家の西川君と仲が良くて、別にファミコンに興味がなかったのだけどよく西川君のうちに行っていた。
そうするとよく西川君の家に人が集まってきた。
 
それでファミコンの取り合いになるのだが、どうも争奪戦が苦手だったので傍目で見ていた。
別にいいさ、西川君と2人のときにゲームができるだろうから、と。
ところが、人がゲームをしているところをただ見ているということに面白さは特に感じられない。
きっと次に自分の順番が回ってくる、という気持ちで見ていたなら違うのだろうけれど、ただただ人が行っている、それも別にプロというわけではなくてアマチュアのゲームを静観するのはなかなか退屈だった。
 
ということで、自動運転の時代になって、車は運転したくてもさせてもらえなくなる!という友人の一言に、私はえぇ・・・とショックを隠しきれなかった。

やっとの思いで車を買って、女の子を誘って、ドライブに誘う。

縦列駐車を颯爽と決め、海の見えるレストランについた。
高速道路を降りて、信号待ちでふと大好きな曲がラジオでかかる。
最後は疲れて寝てしまった彼女に、ついたよ。と自宅の前で告げると、ごめん、寝てたね。と彼女は言って、いいんだ。と言う。
あぁ、もうそんな小説のようなロマンもなくなってしまうのか!運転席という概念すらなくなってしまうのだ。
ポケットチーフ
 
朝起きると、私が起きることを見越したかのように一通のメールが届いた。
 
おはようございます、今日の東京は気温は35度を超えます。
ですが新宿で打ち合わせもありますから、このコーディネートでいきましょう。
どうか忠実に守ってください、ローテーションが乱れますから。
 
まずはコットンのジャケット、それにロンドンストライプのシャツ、ネイビーのニットタイ、ホワイトのパンツ。
靴で季節感を出しましょう、コンビのローファーでお願いします。
それは今季4回目の出番ですね、あと2回履いた8/22の晴れの朝にクリームを補充します。
バッグは今月の頭にクリームでメンテナンスをした、茶色のバッグ。
ボルサリーノをお忘れなく。
では、今日の汗の量はICチップで計測しますから、またケアのタイミングもお知らせします。
ごきげんよう。

どうやらコーディネートも自分で考える以前に、人工知能の方が上手のようだ、と思った朝は、一体何年後の未来だろうか。

私好みを的確につかみ、会う相手、手持ちのアイテム、使用頻度、天候、気温、流行を元に最適な服装を提案してくれる人工知能。

私がいつ、何を、どのように、どのくらい着たのか?を正確に把握して、ローテーションを組んでメンテナンスの時期を提案してくれる人工知能。

確かに人工知能に支配される日がすぐそこまできているかもしれない、と思った。

  • ポケットチーフ
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2017年7月14日
ボットーネ 松のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | Other

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles