オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
スーツ ジャケット スタイル

夏本番 スーツ・ジャケット最近の服装

7Q6A7677
7月に入り夏らしくなってきた。
オフィスのエアコンを新たにしたのだが、なんと取り付け日前日に熱中症で倒れて人員不足、という事態が起きてしまったらしく、リスケとなったエアコン計画。本日ようやく入れ替えが完了した。
皆様も水分補給をお忘れなく!

世間はクールビズだが、最近の服装をまとめてみた。
まずは夏といえばライトな色のスーツ。
リゾートに行くという場合でも涼し気に装うことができる。

スリーピーススーツ オーダー
やはり落ち着くネイビーのタイに、ちょっとこぶりな衿のシャツ。

リゾートといえば、今日はクライアントO氏の盛夏のパーティー用スーツのご納品だった。
軽井沢で催されているパーティー、顔ぶれを聞くと鳥肌が立ったのだが、アイリッシュリネンのスーツに、バーナーズのネイビー手結びボウタイをご提案させていただいた。

ダブルのジャケット コーディネート
本日午前は新宿で打ち合わせ。
お若い方々との面談で、場所も考えて少しカジュアルにダブルのジャケットで。
タイもニットタイ。

ダブル コーディネート
今日はフィッティングも移動も続くということもあったし、若々しく(?)デニムで。

デニムといえば、リゾートでのタキシードスタイルをデニムシャツに合わせるという、カジュアルな自己表現方法がある、というような話で打ち合わせ中に持ちきりになった。

リゾートであれば、リネンのベストというコーディネートはご提案させていただくことがある。

リゾート、リネン、まさにコンクリートジャングルの都心を抜けてサロンに戻ると、イタリアからチェルッティのカシミアが届いていた。
早くもシーズン対極の素材の理由は、クライアントF氏の冬のカシミアコート素材だ。
日光の元でも色を確認、OK!間違いなし。
それにしてもずっと触っていたくなる、そんな触り心地、見とれてしまう光沢感。
アルバイトクルーHは目をまんまるに見開いて見ていた。
こちらのコート、ダブルのチェスターフィールドコートで、冬に向けてじっくりフィティングとなるのだが、
また一つワクワクするコートのスタートとなった。

それから面接、工房の方との打ち合わせ、オーダースーツのご納品と続き、夜はミッドナイトブルーのタキシードのフィッティングだ。

ドーメル オーダースーツ
ドーメルのトロピカルアマデウスのオーダースーツ。
夏スーツは何着か揃えておくと、いざというカンファレンスに重宝するはず・・。

コットンのジャケット 夏ジャケットコーディネート
この季節欠かせない薄手のチノパン。
センタークリースがあるというだけでとても落ち着くのだ。
ブルーで涼感を。

ネイビー 夏ジャケット
スクールテイストといえばボタンダウンシャツで。

7Q6A7651

出石尚三 著書 サイン
最近の移動のお供、出石尚三先生の著書 福沢諭吉 背広のすすめ。
どのように<せびろ>という言葉が生まれたのか?がつづられている。
よく<サヴィルロウ>という英国のテーラー街の名前が訛り、サヴィルロウ>セビルロウ>背広となった、という説を見かけるが、この書籍ではそれ以外の有力説について述べられている。
そんな福沢諭吉 背広のすすめ、サイン入りの書籍をいただいた。

ボットーネ
明日からは3連休ということで、たくさんのご予約をいただいている。
良い打ち合わせができるように、しっかり準備しよう。

さて、明日は何着よう?

  • 7Q6A7677
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2017年7月14日
ボットーネ 松のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | スーツ ジャケット スタイル

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles