オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
クルーの本日の気づき
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

第一回:メンズ・ウエア素材の基礎知識(番手・スーパー表示・恒重式/恒長式)

メンズ素材 仕立屋 講座2
2016.7.8.火 

第一回:メンズ素材の基礎知識(番手・スーパー表示・恒重式/恒長式)

講師:大西基之先生

服を作る人間として、作ることにおいてもそうですが、素材についても同じく

深い知識がなければ、素材によって変わるシルエット・寸法を予め想定して作ることができません。

その素材の奥深さを学ぶため、これから大西基之先生から直接学んでいきます。

今回、良く間違われがちな、「糸の太さ細さを表す【番手】」や「繊維の太さ細さを表す【スーパー】」を始め、

繊維の種類の分類の説明を、刈ってそのまま油分のあるウール・アンゴラなどの原毛、幼虫の死骸が入ったままの蚕

植物繊維の種の入ったままの綿花などを、触り比べながらの授業。

(大西先生の、人間は動物や植物が守ろうとしている部分を取っていくんだよねという発言に、

持った原毛を手に確かに・・と現実味があり、動植物に有難さを感じる瞬間がありました。)

メンズ素材 仕立屋 講座6

これまで言葉のみの知識でなんとなく理解しつつも、中々現実味のない発言が自身の中にもありましたが、、

今後、講義内容とまた講義以外の大西先生の話から、オリジナリティーのある

生の情報もお客様に提供していけるようで、わくわくします。

専門分野で知らなくていいことが一つもないと考えると、

まだまだ膨大な量の知識を学ばなければと、危機感を感じます。

一生をかけて学ぶ専門知識、日々の積み重ね身につけていきます。

  • メンズ素材 仕立屋 講座094
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

2016年7月18日 ブログ | クルーの本日の気づき