オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
クルーの本日の気づき
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

突き詰めいていけば終わりはない

2016年12月2日 ブログ | クルーの本日の気づき

ダレスバッグ

先月は、「日々改善」の大切さを良く実感した一ヶ月だった。

火曜日はシステム担当の方と社内システムの改善。

先月小寺さんと3人で話し合ってからもう一ヶ月たったのかと、ここでも少し驚いたのだが、、、

あの時よりも更に使いやすく、わかりやすいものに進化した。

ほんの2・3点の、まさに小さな改善である。

「よし!完璧!」と先月は3人で喜び合ったのだが、使用していくうちに「もっとこうした方が使いやすいな」とか「これは必要ないかな」とやはり突き詰めいていけば終わりはない。

どんなことでも「これで充分だからいいや」と終わらせてしまっては、その後の成長はないと思うし、なんだかつまらない。

最近ではAI(人工知能)やIOT、SNSも信じられないスピードで進化をしている時代。

IOTで様々なものをインターネットで繋げ、囲碁のプロ棋士の知能をAIが上回り、自動車の自動運転、災害救助ロボットなど、あげればきりがないが、新しいことがどんどん生まれている。

「数年後にはAIに奪われる職業」といった恐ろしい記事を見たこともあるが、PPAPが爆発的なスピードで世界中に広がったように、1ヶ月2ヶ月前には考えもしなかったことが、明日には当たり前になるかもしれない。(例えがなんか違う気もする・・・)

少し話が大きくなりすぎたが、、、

つまりは、向上心を常に持って、アンテナを高く張り、時代の流れに柔軟に対応できるような会社だと面白いと思う。

きっとボットーネはそんなところだ。

先週は代表から新しい企画の話があった。

お客様がワクワクするものを提供できるよう、全力で取り組んでいきたい。

なかのまる

その仕事の目的、ゴールは?

2016年12月1日 ブログ | クルーの本日の気づき

suit

 
今月を振り返って
 
先月末に小寺マネージャーが抜け、新しい体制になって
早一カ月が経ちました。
 
今月に入ってからサロンの雰囲気はガラっと変わったように
思います。
 
代表からご指摘を頂かない日は何日あっただろうか。と思うほど
ほぼ毎日ここがなっとらん。あまい!と自身の甘い考えや行動に
忠告を受けてきました。
 
ある有名なお話し。
 
2人の職人が、石を積んで何か建物の土台をつくっている。
 
一人の職人に
「あなたは何をしているんですか?」と尋ねると
 
その職人は
「見ればわかるだろう。石を積んでいるのさ」と答えた。
 
もう一人の職人にも
「あなたは何をしているんですか?」と尋ねると
 
その職人は
「これかい。教会をつくっているのさ」と誇らしげに答えた。
 
同じ作業をしていても、その意識の差は大きく、自分が今している仕事は
誰に対して、何を目的としているのか、見えているのといないのとでは
考えや行動は大きく変わってきます。
 
今までの私はまさに前者でした。
むしろ一生懸命石を積んでいるのに、なにが間違っているの?
なんて、とても恥ずかしい大きな勘違いをしておりました。
 
忙しい日常の中で、ついつい目先の事ばかりに目がいってしまいますが、
一度少し離れてみて、その仕事の目的、ゴールはなにか。
 
全体像をしっかりと把握する必要が今の私に必要だと実感した一カ月でした。
 
細かい癖や悪いところ。注意をしてもらえる環境に感謝して、謙虚に、
日々の業務に取り組みたいと思います。
 
 
来月も真北に向けて、努力していきます。

嶋田

いかんかった!と思う時

2016年11月25日 ブログ | クルーの本日の気づき

表参道イルミネーション自分でミスに気付いた時や「いかんかった!」と思う時は、お客様のことを考えきれてなかったケースが多い。

メールや電話、打ち合わせでも「もっとこうした方がお客様の為になったのでは…」「もっと違う文章にするべきだった…」と後になって気付くことが多々ある。

日々たくさんの問い合わせをいただく中で、
ボットーネの体制ではお客様とのやり取りのほとんどがメールになる。
日時生活でもビジネスでも皆気軽に使っているツールだが、
例えば同じ言葉を使っても、実際に話すのとメールの文章とでは、受け取る側の印象はずいぶんと違い、マイナスなイメージを与えてしまうこともある。

メールではぶっきらぼうな印象だったのに、実際会ってみると全くそんなことはなかった、、、
という人は世の中たくさんいるし、
それだけ文章だけでは伝わりにくいことも多い分、忙しくても事務的なメール対応ではなく、お客様のことを考えた、心を込めた対応が大事なのだと思う。

どんな仕事も、人と人との繋がりを疎かにしてはいけない。
今一度、初心に戻って考え直していこう。

来週も、真北に向かってよろしくお願いします。

なかのまる

1日1日を無駄にしないように

2016年11月25日 ブログ | クルーの本日の気づき

スーツの着こなし物事の大枠を把握せず、目先の一部しか

みえていない状況

まさに木を見て森を見ずの状態になってしまっていることに危機感を覚えます。

もっともっとクライアントの方に喜んでいただきたい。

相手の気持ちを汲み取ってできることはないのか。

考えるだけでなく、実践できるよう、日々努力を重ねていきたいと思います。

今月も残り1週間。

もう1週間過ぎてしまったのかと、月日の流れの早さにいつも驚かされますが

1日1日を無駄にしないように、謙虚な姿勢で取り組みたいと思います。

嶋田

服は口ほどにものを言う

2016年11月19日 ブログ | クルーの本日の気づき

大西基之先生
「中之丸くん、これいいよ。」

そう言って代表から渡された本、『服は口ほどにものを言う』
誰もが知るセレクトショップSHIPSの顧問 鈴木晴生氏の著書で、代表もナチュラルクリーンの中田代表から勧められた本だそうだ。

数週間前にお借りして、通勤時間で少しずつ読んでいきようやく読み終わった。
すらすら読み進められるのだが…どうも電車で座ると眠くなってしまい…結局ほぼ1ヶ月で読み終えた。

「無神経な人は靴も汚い」
「これでいい」と言う人に未来の可能性はない。
「腕時計と筆記具に配慮がない男はツメが甘い」

などなど、読んでいて耳が痛いようなことも…笑
氏の服に対する考え方からコーディネートについてまで書かれており、スーツが単なるユニフォームになっている現状を嘆いている。

– 通勤ラッシュのオフィス街、ネイビーやグレーのスーツを着て歩く人々を見て「みんな同じだなぁ」と思ったことはありませんか? –

たしかに…自分もそうだったなぁ…と妙に納得した一節。
大西先生も「男は周りと同じであることで安心し、女性は違うことで安心する」とおっしゃいたことも頭をよぎった。

しかし、”今日、あなたに失礼のないようにしてきた”と服に心を込めることにより、同じスーツを着たその他大勢との違いになって表れると。
高級な時計でなくても、ビジネスであればビジネスにふさわしい時計を身に付け、靴を磨き、その日に合わせたネクタイを選び…そうしてユニフォームとは違った明確な意志を込めた服装であれば、自らの誇りや自尊心を高め、相手にも伝わるとある。

なるほど、まさに “口ほどにものを言う” だ。

初めてこのような本を読んだが、非常に面白かった。
本屋にいって他にも色々探してみよう。

なかのまる

謙虚に努力

2016年11月15日 ブログ | クルーの本日の気づき

オーダースーツ
本日の朝礼後も「仕事の仕方がわかっとらん。」とお叱りをいただきました。

よしっ!と満足して帰れる日はなく、毎日もっとこう動いていれば、あの時もっと配慮ができていたらと反省と改善の繰り返しの1週間。

アシスタントに入りながら、次はどうフォローすればフィッターは動きやすいのか、クライアントの方が心地いい時間を過ごせるのか 考える。 

設計書を書きながらどうして?と疑問に思うことが増え、合わせて正しい素材や洋服の知識を身につけなければならないと焦りを覚えます。

もっともっと意識を広く、来週の一日一日をより充実したものにできるように、謙虚に努力していきます。

嶋田

来週も全力で仕事しよう

2016年11月10日 ブログ | クルーの本日の気づき

ガンクラブチェック「いやぁ〜、もう火曜か!はやいな〜」

21時頃、ふと代表が言った。

小寺さんの送別会、大西先生の講義からもう1週間。
「濃いな〜、濃い!」と、毎週同じようなことを火曜日は言っている気がする(笑)

前の仕事は、週末が来るのがまだかまだかと待ち遠しくて仕方なかったが、今は気が付けば火曜がやってくる。

毎日少しずつ、楽しさがわかってきて、できることが増えてきて、それが大きなモチベーションになっているからか。

今週はタスクを綺麗に消化できたし、気持ちよく休みに入れる。
やることは複雑になったと思うが、先週・先々週のタスクが残ったモヤモヤ感とは比べると対照的だ

よし、来週も全力で仕事しよう!
真北に向かってよろしくお願いします。

なかのまる

今の自分にできることはなにか

2016年11月8日 ブログ | クルーの本日の気づき

image
11月に入ってからの一週間。

自身の仕事に対する姿勢や軽率な行動や甘い考え方、

悪い部分が前面にででしまった一週間でした。

本日も代表に対して失礼な発言してしまい、御指摘を受け

謙虚さが足りないことを実感しました。

幾度と同じ指摘を受けても、なおらない。

わかってるつもりでなにもわかっていない。

考えと詰めの甘さを日々ご指摘から、起こってしまった出来事から

感じさせられます。

このまでではいけない。

今の自分にできることはなにか。どう動いたら周りの役に立てるのか。

目先のことだけに夢中になるのではなく、どうすれば効率的に業務がまわるのか

反省。反省。反省の毎日ではなく、次回は何ができるか、失敗の経験を活かし

考えた行動を心掛けたいと思います。

嶋田

ありがたい

2016年11月5日 ブログ | クルーの本日の気づき

オーダータキシード ショールカラージレ

今日も1日の流れの随所で代表からご指摘をうけた。

相手への話し方や伝え方、口癖、動き方。

周りにご指摘いただかないと気がつけずにいたことばかり。ハッとさせられる。

今の私は無駄と偏った癖の塊だ。

もっともっと効率よく。

今までの考え方で物事を進めるのではなく、もっともっと突き詰めて。

今日指摘していただけた事を意識して

明日は出来るように、

素直に、謙虚に真北に向かいたい。  

ハロウィンの盛り上がりが終わり、

表参道の街並みも少しずつクリスマスの雰囲気へ。

サロンのBGMが変わるだけでもなんだか

気分が違う。

ハロウィンからクリスマス、クリスマスからお正月のリズムはいつも早く、年を越した実感があまり湧かないまま気がつけばズルズルと月日が経ってしまっている。

残り2ヶ月がいい意味であっという間に過ぎるように、日々努力していこうと思う。

嶋田

ずれてるぞ。そうじゃない

2016年11月2日 ブログ | クルーの本日の気づき

take-ivy今週を振り返って

「原点回帰」

基礎の基礎ができていない自身の不甲斐なさを身をもって体感した一週間

一か月。

今までそつなくこなしていたつもりで、実はできていなかった。

「基礎」というものがしっかりとできていないまま

小手先のテクニックや処世術的サービスばかりが身につき

気がつけば中身のない接客や行動ばかりしていた。

「ずれてるぞ。そうじゃない。」

何度も何度も受けていた忠告に

自分ではそうなってしまっていることにすら気が付かず

ただただやみくもに突っ走っていた。

自信の不甲斐なさをあらためて痛感し、悔しい気持ちと

素直にその言葉と、そこに含まれるメッセージを受け止め、

1から、むしろマイナスからのスタートかもしれないが、

今一度自身の立ち位置を見つめなおし、11月に臨みたいと思う。

周りの方々への感謝の気持ちを忘れずに、謙虚に、ボットーネの

目指す真北に軌道修正していけるように、一層の努力をしていきたい。

嶋田

小寺さんへ

2016年11月2日 ブログ | クルーの本日の気づき

ボットーネ 小寺「考えて行動する」

代表のアシスタントに付き、提案から採寸、フィッティングまでのサポートをする中で

考えて行動することがいかに難しいか痛感する。

「今ここを測ったから、次はここを測るかな?」

「この寸法なら、ゲージはこれかな?」

「背中を気にしているから、ここの補正が入るかな?」

と、自分の中で考えてはいるが、これが結構的外れだったりする。

なんで自分の考えが違ったのかその場ですぐ質問し、

疑問を解消しないとまた同じことを繰り返してしまう。

フィッターの”アシスタント”である以上、フィッターの仕事がスムーズにできるよう

サポートすることが使命だと思う。

「もう1か月」なのか「まだ1か月」なのか、と前回のブログに書いたが、

やはり、「もう1ヶ月」だ。

いつまでも受け身ではなく、自ら考え、行動していきたい。

そしてついに、今週で小寺サブマネージャーが退職(卒業)となった。

1か月の期間だったが、感謝の気持ちを自分の言葉で。

——————————————-

小寺さんへ

入社してから1か月間、本当にお世話になりました。

初めて面接に行った時に小寺さんが出てきてくれて

「あ、HPでみてる方だ!」と、緊張していた中

少し安心したのを覚えています。

5年間サラリーマンをやっていたくせに、

電話・メール・言葉遣いなどなど、あげたらきりがありませんが、

手とり足とり教えていただき、本当にありがとうございました。

お客様にご納品するとき、事務室から小寺さんがご挨拶すると

お客様がパーッと笑顔になり、信頼されていることが

ひしひしと伝わってきました。

そんなコンシェルジュになれるよう、努力していきます!!

小寺さんから教わったことを、しっかり自分に落とし込み

またいつか、成長した姿をお見せできればと思います!!

本当にお世話になりました!ありがとうございました!!

ナチュラルクリーン

2016年11月2日 ブログ | クルーの本日の気づき

ナチュラルクリーン 鈴木さんいつもより早く家を出て最寄駅へ向かう。

久しぶりの満員電車に揺られながら東京駅へ。

今日は、ナチュラルクリーンへご訪問。

代表・小寺さんからは、よくナチュラルクリーンの話を聞いていた

「まだまだやな〜って思う」「客観的に見てしっかり叱ってくれる

「何もなくてもたまに行きたくなる」などなど・・・。

いったいどんなところなんだろう。

ナチュラルクリーンに着き、中田代表にご挨拶をする。

少しの時間であったが、お話を聞かせていただいた。

中田代表の お話の中で、一番心に残った言葉がある。

「学生は”教育”だが、社会人は”学習”でなきゃいかん」

つまりは、いつまでも、教えられる・課題を与えられるといった

「待ちの姿勢」ではなく、

自ら問題意識・責任感をもち自主的に学ぶ姿勢をもっていないと

人間として伸びていかないということだ。

そして何度も、何度も、人間は基礎がなってないとダメだと教えられた。

仕事でもスポーツでも武道でも、なんでもそうだという。

挨拶、報・連・相、掃除、根性、忍耐、責任感、、、

他にもたくさんあるが、それらがしっかりとした土台となり

その上に知識や技術が乗ってくればいい。

そうなれば人間はどんどん伸びていくし、何をやっても大丈夫なのだ。

今、自分の置かれた状況に当てはめると、

焦ってスーツの知識ばかりに意識がいってはダメなのだと思う。

未経験で、服飾の専門学校を出た訳でもない自分は、

そういう知識・技術を身につけないと!と少し焦っていた部分がある。

しかし、そうではないのだ。

まだまだ、基礎の部分が身についていない。

松代表を通じて、中田代表からのお叱りを受けたこともその一つ。

いままで言われたことがない、かつ無意識だっただけに

気を引き締めていかないといけないと思った。

中田代表のブログの最後に、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鍛えられて鍛えられて「基礎」をしっかり学習して身につけ

とにかくもっと心の芯を強くしていきましょう。

未来は白紙、これからです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と、書いてくださった。

本当にありがたい。

真北に向かって、一歩ずつ一歩ずつ、謙虚な気持ちで進んでいこう

なかのまる

ナチュラルクリーン 鈴木さん