オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
オーダースーツBOTTONE クルーの本日の気づき

表参道のオーダースーツ店で働く最近の日記

ジャケット 着こなし
私たちボットーネは毎週水曜・木曜とメンテナンス定休日を頂戴している。

だから火曜の今日が週末、世間でいう金曜になる。
さて、なんだか今週も怒涛の1週間であった。
ちょっと最近の出来事を振り返ってみようと思う。

東京ビッグサイトに行って、愕然として帰宅

 

ビックサイトに向かう
この日はフェリージのレザーバッグを持ち、ガッティのカシミアコートを着て、クルーの嶋田と東京ビッグサイトへ行った。
最近、フランチャイズはやっていませんか?
開業したいのですが、相談に乗ってもらえませんか?
店舗を出店したい。
というような話が少なくない。

どうやら東京ビッグサイトでフランチャイズ展というのをやっているらしい、大手アパレル企業も出ているし、一体どんなものなのか見に行ってみよう、ということで、行ってきたのだ。

結果は・・・

《とにかく、加盟金を払えばこちらで人材教育もやります。リピーターが増え続け、3年後には・・・》
《我々の看板があれば、問題ありません。月々のロイヤリティも低いです。》
とか、そんなのばかり。

挙句には、
《うちの看板があれば、そんな商品教育なんてしなくたっていいでしょ。販売ノウハウの指導はしますから》というアパレル企業(結構有名)があったらしく、純粋な嶋田はショックを隠しきれない様子だった。

>>こういうのはダメだ、誰もお客さんのこと考えてない・・・フランチャイズじゃなくて、ちゃんと志がある人、本当に洋服が好きな人と楽しく仕事がしたい、その結果いいスーツ屋が広がるのなら良い。でも今の私たちにはこういうのは合わない、とはっきりした。

カルチャースクールを運営し、マナー講師でもある高田さんとお会いした

高田さんからたくさんのマナーを教えていただいた。これはまたブログで紹介したい。

プルミエクール 高田さん 松はじめ
・マナーは、相手との距離を縮めるためのもの
・結婚相談女性から聞いた、残念な男性
・フレンチのマナーには、フランス式と、イギリス式がある

これらは現在ブログ記事を書いている段階なので、ぜひ完成させて公開したい。

さらに、

・フレンチを食べる時の服装のマナーで気をつけたいポイント
についても執筆中だ。

■《婚活中の女性が、交際をお断りした理由、
それは、◯◯◯◯◯◯と食べる男性です。
これ、非常に多いのです。》

《面白いのですが、20台はフランス式で食べる方が多く、40台の方は、イギリス式の方が多いのですよ。》 

《メニューを決める時に◯◯はいけません、

僕、メインこれにしたいな、この調理方法って?ソースは?》
 
《髪を触るのは、NGです。
想像以上に不潔な感じがするものです。

高田さん語録


詳細は近日公開予定。

ハダースフィールドフェインウーステッド
その後、B氏がイタリア>イギリスと飛んで日本に帰国した。
イタリアはミラノウニカ、イギリスはハダースフィールドと、それぞれの現地の様子をお伺いした。



生地の織元

イギリス生地の聖地 ハダースフィールドとは?

2月1~3日までは、世界最大級の生地の祭典、ミラノウニカだ。
このミラノウニカ、世界中の羅紗屋やバイヤー達が一堂に集い、世界中の生地メーカーやマーチャントが新たな作品を発表する最高の舞台。
今回は私たちも生地の取引があるB氏がミラノウニカに行ったわけだが、イギリス・ヨークシャーのハダースフィールドまで出張したそうだ。
その際の写真を頂戴したのでぜひご紹介したい。

http://bottone.jp/blog/bottone-ceo/8628.html

篠塚さんと再開

オーダースーツ お客様
長野オリンピックのエンブレムをデザインし、その他数々のロゴを生み出しているデザイナーの篠塚さんとの出会いは、結構遡る。

まずは、ボットーネで娘様の入学式オーダースーツを制作させていただいた、藤田デンタルクリニックの藤田院長は、ウェブサイトで見つけてボットーネに来てくださった。
ちなみに藤田デンタルクリニックは非常に丁寧なため人気で、私もお世話になったが、なかなか予約が取れない盛況ぶり。

フジタデンタルクリニック

そのフジタデンタルクリニックにインプラント関連で関わっていたのが中森社長という方た。
ご縁で中森社長にお会いして、その後、中森社長が定期的に開催している《あぶさん会》という飲み会に参加させていただいたところ、篠塚さんと出会った。

創業当時、怖い物知らずの私は、篠塚さんに言った。
《どうしたらロゴを作ってもらえますか?いくらかかりますか!?》

篠塚さんは子供を嗜めるように言った。
《あはは、まぁ、いいですよ、スーツ一着でやりましょうか。》
うそぉ、いいんですか・・・



長野オリンピック ロゴ

オリンピック ロゴなどの意味を熱くわかりやすく1分で解説

いわずと知れた、1998年に日本で開催された長野オリンピック。
このロゴは篠塚正典 氏が手がけていたのだ。

33歳でコンペに参加した篠塚氏。

33歳の時にそのチャンスに恵まれてコンペに参加した2ヶ月間余必死にデザインに取り組みました。
ほんとうに全精力をつぎ込んで挑戦しました。
そんな想いで創ったデザインが選ばれてエンブレムに決定した時の喜びは言葉には表せられないもので、ほんとうにデザイナーになってよかったと心から思いました。

バール ア ヴァン パルタージェ 表参道でランチ

bar à vin PARTAGER 店長 遠山さん
ランチタイムは、いつも話を聞いてくださる遠山店長。



表参道 バール ア ヴァン パルタージェ ランチメニュー

バール ア ヴァン パルタージェ 表参道ヒルズのワインバーでランチ

表参道ヒルズの3階には飲食店が集中している。
白を基調とした、ガラス張りの明るい外観、こちらがワインのお店、正統派フレンチをタパスサイズで、というコンセプトのバール ア ヴァン パルタージェ 表参道ヒルズ店だ。

こちらはボットーネのサロンからも徒歩2分、以前ラーメンゼロという店舗だったところにできたワインバーだ。
今日はランチ、ディナーなど何度か活用させていただいているバール ア ヴァン パルタージェのランチのレポートをしてみようと思う。

http://bottone.jp/blog/bottone-ceo/8667.html

オペラ歌手のタキシードのお仕立て

オペラ タキシード
機能性を追求した。
特にシャツは、アーティストの方からのご依頼が少なくない、
首に余裕が欲しい、だ。

だがあまりにもゆとりがあるのも美しくない、絶妙なポイントを探るフィティング。
歌う時、それを意識した服作り、実は久々に萌えてしまった。
見越して完成して、一発OK。ほら、とアシスタントに目配せしながら、心の中でガッツポーズ。

熱く語った

焼き鳥

その後、チームで修行の成果と今後について語り合った。

媚びを売りたくない、いい仕事がしたい。

前職で、媚び売って、いかに気に入られるか?
仕事の評価じゃなくてそこに疑問を感じて、そうはありたくないと思いました。
純粋に、いい仕事がしたいと思った。

と嶋田は言った。

こうやって仕事を通して成長して、
企業の文化が生まれていく。
刺激的な仲間と師匠、成長させていただけるクライアントの方々。
厳しいこともあるが(私はそう感じないが)本当に楽しい仕事・会社だとふと思った。

表参道

ということで、サロンは定休日だが、今日は色々とプロジェクトを進める日。
また来週もがんばろう。

  • ジャケット 着こなし
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の隠れ家オーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやカウンセリングを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツをはじめ、述べ2,000人以上。

2017年2月15日
オーダースーツ ボットーネのブログ | ボットーネ 松のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ

Recent Articles