あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ

この仕事の楽しさ・嬉しさをふとした瞬間に感じます

とある日のできごとです。

私は、ご結婚式の、新郎様の衣装として、フロックコートをお仕立てをさせていただきました。

その後、連絡が来ました、お客様より。

良かった!というお言葉。

さらに、届きました、御礼のメールとお写真。

新たに、スーツとジャケットとシャツのお仕立てご依頼を承ることに。

私たちの経営理念に、こうあります、

私たちは、1着の洋服を通して、世界中の人々のライフスタイルの豊かさに貢献します。

——————————————————————————————————————-

親身になって相談にのって下さり、こちらからの質問に対しても丁寧にご返答頂いたりと、安心してお願いすることができました。来場者からの評判もとても良く、BOTTONE さんにお願いして本当によかったと思っております。スーツのオーダーもお願いしたいので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

——————————————————————————————————————-

嬉しい、、、

嬉しい、ですね。

なんというんでしょう、

新たなご依頼を頂けたこと、

それに、ご丁寧に、こんな風なメールを頂けたこと。

わざわざ、お時間を作って、考え、そして送信ボタンを押してくださったわけです。

普通、そんな面倒なことをするでしょうか?

私は、あまり思っていても表現しないタイプですから、本当に感じるものがあります。

ありがたいことです。

おもてなしや、提案について。

お褒めいただき、、

お店のコンセプトに喜んでいただけ、、

もう、大変光栄でございます。

服作りは、1回目・2回目・3回目と工程を加えていくごとに骨格や体型も把握でき、また好みも会話の中で発見し把握することができるのです。

それで、よりご満足いただけるであろうスタイルの提案ができるわけです。

服作りにおいてはまさに継続。

私も、フィッターとしての技術向上の継続は勿論ですが、お客様のライフスタイルに貢献という理念に基づき、毎回の提案でより良いベストな提案を都度、試みていきたいと感じております。

継続は力なり、日々努力、日々感謝。

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう
    FACEBOOK

小寺ライター:小寺オーダーサロン ボットーネにて4年務めたクルー、結婚退職。
服飾学校を卒業後、縫うこととおもてなしに対してのこだわりを買われ、ボットーネへ入社。
仕事に対して妥協できない職人肌。

2019年3月20日
トピックス | コラム。

おすすめ記事

  • ボットーネ アクセス
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネのスーツ・ジャケットスタイル365ブログ
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ

新着記事

FEEDFeedly