オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ

【国際基準・失敗しないタキシードの色選び】タキシードの色 上下白は存在しないって知ってました?

いざ結婚式を迎え、タキシードを選ぼう!となった時に、貸衣装は選択肢の一つですよね。

なかなかしっくりくるサイズやデザインに巡り会えなかった場合は、購入も候補になると思います。

さて、タキシードをレンタルや購入する場合に知っておきたいのが、タキシードにはそもそもどんな色があるのでしょう?やっぱり白?

そう思いませんか?実は、パンツも白のタキシードというのは世界的には存在しないんですよ。

結婚式は写真にも残る特別なシーン。
いざ買ってから(借りてから)失敗した・・・と後悔しないように、知っておきたいタキシードの色について解説します。

国際上はタキシードは上下が白は存在しない

え?新郎が着るタキシードって白じゃないの?

そう思われる方も多いと思います。

実は、上下揃って白いタキシードというのはヨーロッパやアメリカには存在しないのです。

どうやら日本の貸衣装屋やブライダル業界が作ったようで、タキシードとしてはジャケットもパンツも白い色はないのです。

どうして日本のレンタル・タキシードでは上下揃って白タキシードが多いのでしょう?

おそらくバブル期に、その方が衣装っぽさや主役感が出たからではないか?と私は思います。
ゴンドラに乗って登場する新郎新婦!
派手な演出、たくさんの友達。
そういう昭和の名残りが上下揃って白いタキシードとして残っているのです。

リゾートでは白いタキシード?

じゃあリゾートの場合、ジャケットもパンツも、上下揃って白いタキシードが合うんじゃあ?という声が聞こえてきそうです。

おっしゃる通り、海などをバックに撮影する場合には白いタキシードは映えます。

ただ、かっこいいかどうか?は別として、上下揃って白いタキシード自体がもともとヨーロッパやアメリカには存在しない(今も存在はしません)ということなんですね。

外国の方に、上下別々になっている浴衣はないの?
と言われたら、ない!としか言いようがないのわけですが、そんな感じなんですよ。
イタリア人が、上下が別々になっているキュートな浴衣を発明したんだ!と言われたら、日本人としてはこう思ってしまうわけです。

それは、ファッションとしてはわかるけど浴衣じゃないんじゃ???

そうなんです、ファッションとしては良くても、もともとはそういう物はなかった!と一脚されてしまうんですよね。
そうすると、知らずに着たことで後で恥を欠いてしまう可能性があるのです。

ただし、白いタキシードのジャケットは存在します。
白いタキシードのジャケットに、黒いパンツです。
そして、この場合は絶対にかマーバンドを巻きます。
ベストではなくて、腹巻のようなカマーバンドです。

え?ベストでもいいんじゃない?
白いタキシードにルールなんてあるの?

実は、あるんです。

なぜかということをご説明します。

白いタキシードは夏仕様

実は、白いタキシード自体夏のタキシードなんです。白タキシードを知るときに知っておくと、なるほど〜となりますのでご紹介します。

レンタルのお店でも本当に詳しい人は知っていますので、ぜひ聞いてみてください!

メスジャケットというのがあります。

タキシードって、今でこそ正装!というイメージですよね。

もともとは正装といえば燕尾服でした。

ちょっと食事をするにも、貴族だったら燕尾服を着るのです。
もちろん軍のお偉い方も、燕尾服で食事するのが当たり前です。

ところが昔、軍艦には冷房もなく、夏はそれはもう暑かったんです。
それで、どうしようもなく暑いので、燕尾服の長い尾っぽを切り落とした人がいるんです。

こうして燕尾服の尾っぽだけ短いメスジャケットが誕生しました。
ただし、これは夏だけ!と決められています。

暑いから生まれたカマーバンド

もう一つ、もともと夏のアイテムだったものがあります。

カマーバンドです。

カマーバンドはお腹に巻く腹巻のようなアイテムです。
これは、イギリス軍が植民地だったインドに行ったときに、さすがに暑い・・・でも、ベストなんて脱げない。
そんなある将校が、インドの現地の人のターバンなどの風俗を見て思いつきました。

これだ!

ベストの簡略系で一応何か巻いて、ベストということにしよう!

イギリスとしては植民地の特例ということで、夏のファッションということで採用されたのがカマーバンドなのです。

タキシードの白についてまとめ

つまり、白いタキシードについてまとめますと、

1:暑い時に許された、特例の夏タキシード

2:夏ということで許される、カマーバンドとセット

というようなことがいえるのです。

そして、ここが大きなポイントなのですが、白いタキシードのジャケットを着たからといって、大幅に涼しいわけはないんですね。

涼しいわけではないのに、夏仕様とヨーロッパでは言われます。

どうしてか?というと、実は本人の涼しさではないそうです。

そうなんです、見ている人が涼しい。

きちんとした服を着よう、と思ったときに、自分のためでもありますが、人に心地よいと思ってもらうためにきちんと着ようかな!という意識を積み重ねた西洋の文化の結集なんだと思います。

ということで、国際基準の夏仕様の白タキシードジャケット、パンツは黒で蝶ネクタイも黒も素敵です。

私がリゾート挙式をするなら、白のタキシードジャケットに、黒いシルクを貼ったショールカラーの衿、パンツは黒と正統派にこだわってみたいです。

もちろん、ファッションです。
いろいろなスタイルがあって素敵だと思いますよ!

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2018年4月23日
フォーマルアイテム | タキシード・フロックコート

おすすめ記事

  • ボットーネ アクセス
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネのスーツ・ジャケットスタイル365ブログ
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ

新着記事