あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ

サンタ・マリア・ノヴェッラのオーデコロン 紳士の匂いについて

イタリアの古都、フィレンツェ。

その市街の一角に、世界最古の薬局「サンタ・マリア・ノヴェッラ」の本店があります。

その歴史はなんと800年!

様々なアイテムが作られていますが、最も有名なのが香水(オーデコロン)です。

香水、、、男性であれば無縁の人もいるのではないでしょうか。

私は20代後半ですが、つい最近まで香水をつけたことはありませんでした。

特に理由もなく、なんとなく敬遠していたのですが、、、

SNSでたまたまサンタ・マリア・ノヴェッラのアカウントを見つけ、気になって調べてみたのです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

santamarianovellajapan(@santamarianovellajapan)がシェアした投稿

まず印象的だったのが、この洗練されたパッケージ。

シンプルで高級感のあるデザインは、男女問わず持っているだけでも絵になる品の良さがあります。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

santamarianovellajapan(@santamarianovellajapan)がシェアした投稿

香りの種類も豊富で、定番の「王妃の水」(サンタ・マリア・ノヴェッラ)をはじめ、何種類もあります。

かの有名なナポレオンもその愛用者の一人で、現代でも多くの著名人に愛されているそうです。

「王妃の水」サンタ・マリア・ノヴェッラ

サンタ・マリア・ノヴェッラのオーデコロンは、歴史的名香「王妃の水」(サンタ・マリア・ノヴェッラ)を筆頭に世界のセレブリティたちに愛され続けてきました。そのいずれもが天然香料をベースにしたどこまでもナチュラルな香り。歴史的なレシピを今も確実に守りながら、ヨーロッパの香りそのものを今も作り続けています。ラインアップされた約40種のフレグランスはユニセックスでお使いいただけます。

サンタ・マリア・ノヴェッラ公式サイト より抜粋

たくさん種類があるので、新宿の店舗で香りを嗅いでみたのですが、正直言って香水初心者には良く分かりませんでした。

ネイビー無地の生地ばかりをずっと見ていると、違いが良く分からなくなってくる、、、オーダースーツ選びでありがちな現象ですが、それと同じです。

こういう時は決まっています。

「迷ったらプロに聞く」  これだけです。

好みの香りを複数ピックアップして、店員さんに最終的に勧めていただいたのが、

「王妃の水」(サンタ・マリア・ノヴェッラ)

サンタ・マリア・ノヴェッラは合成された強い香りではなく、その人自身の臭いと混ざり合うことでオリジナルの香りに変化するそうです。

香水初心者かつ表現力に乏しいのですが、個人的には「頭がすっとさえるような」香りだなと感じました。

バニラ系の甘さは全くなく、かといって柑橘系の強い香りでもない。

初めて香水を付ける人でも、試しやすいかと思います。

携帯用のスプレー容器が便利

一緒に購入すると便利なのが、実用性の高い携帯用のスプレー容器。

ブルーとゴールドのカラー。

サンタ・マリア・ノヴェッラのロゴ入り。

キャップの先にはロゴが刻印されています。

口紅くらいの大きさなので持ち運びにとても便利!

それでいておしゃれなアイテムです。

サンタ・マリア・ノヴェッラの香水は天然水を使用している為、香りの持続性が高くありません。

ですので、一日に何度か付け直すことを店員さんにもおすすめされました。

通常のサイズは持ち運びするにはちょっと大きいので、これがあると便利ですよ!

クラッチバッグにもすんなり入りそうです。

まとめ

ということで、本日はサンタ・マリア・ノヴェッラの香水について書いてみました。

種類は多いですが、迷われた方は定番のサンタ・マリア・ノヴェッラをおすすめします。

“サンタ・マリア・ノヴェッラ” の ”サンタ・マリア・ノヴェッラ”です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

santamarianovellajapan(@santamarianovellajapan)がシェアした投稿

余談ですが、クルーの林は”メログラーノ(ザクロ)”を愛用しています。

初期の映画007にも登場しており、ほんのり甘みのある香りが気に入っているそうです。

香水=不快。

こんなイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、ほのかに香る程度であれば不快感などありません。

日本人はそもそもの体臭の少なさから「匂い」への関心が薄いとも言われていますが、「匂い」が自己表現の一部であると考えれば全くの無関心ではもったいないです。

エチケットとしての香水。

男の香り、匂いについて今一度考えてみてはいかがでしょうか?

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう
    FACEBOOK

中之丸ライター:中之丸建築デザイナーの父を持ち、一度は大手企業へと入社。5年勤務ののち、心の声に従い上京し、ボットーネに入社。
人生で情熱を注げることは2つ、1つはサッカー、もう1つはスーツ。
何事もコツコツ、地道に基礎を固め着実に行う動作の安心感の高さはクライアントからの評価も高い。

2020年1月7日
オーダースーツ ボットーネのブログ

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles

FEEDFeedly