あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
イベント

ハリソンズ・オブ・エジンバラ -ミスティーク- のスーツが完成!

こんばんは、クルーの中之丸です。

3月もあと数日、東京も桜が咲きようやく春の訪れを実感します。

そんな中、2月にオーダーした自身のオーダースーツが完成してきました!

今回選択した生地は、英国ハリソンズ・オブ・エジンバラのミスティークコレクションから。

選んだのは、ネイビーをベースに太く、はっきりとしたストライプ柄の生地なのですが、、、

これがなかなかインパクトのあるスーツに仕上がっています。

シングルのピークドラペルが新鮮、、、パンツは最近マイブームとなりつつある、ゆったりシルエットにしています。

ゆったりとは言っても、ただ大きめのフィッテングにすればいいという訳ではなく、入念に入念に設計しています(当然ですが)。

ルーズにもタイトにも「フィット」があり、今も尚ベストフィッティングを模索中、、、。

ミスティークの特徴

ミスティークの特徴といえば、ウエイトも軽くドライなタッチながら、耐久度も兼ね備えている点。

最上級のメリノウールに1メートルあたり約700回転の撚りを加えることで、強い耐久性を実現しています。

皺にもなりにくいので、ビジネスにも最適ですね!(もちろん無地や控えめの柄もありますので安心してください。)

ハリソンズ・オブ・エジンバラも抱える、リア・ブラウン&ダンスフォード社のCEO、ジェームス・ダンスフォード氏が

当サロンにお越しいただいた際にも、春夏生地のおすすめとして、この「ミスティーク」を挙げておられました。

サヴィルロウでも愛されるだけあって、仕立て映えするおすすめの素材です。

さらさらとしたドライなタッチも、涼しくて気持ちがいいですよ。

今シーズンは是非ハリソンズのミスティークで、一着誂えてみてはいかがでしょうか?

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう
    FACEBOOK

中之丸ライター:中之丸建築デザイナーの父を持ち、一度は大手企業へと入社。5年勤務ののち、心の声に従い上京し、ボットーネに入社。
人生で情熱を注げることは2つ、1つはサッカー、もう1つはスーツ。
何事もコツコツ、地道に基礎を固め着実に行う動作の安心感の高さはクライアントからの評価も高い。

2018年3月27日
イベント | ボットーネの日々

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles

FEEDFeedly