オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

タキシードの着こなしは

オーダータキシード

週末のパーティーはタキシードがオススメ。
列席の結婚式などの式典も、ちょっとしたディナーにも、
もっとタキシードを着て良いと思う。
現代ならボトムをカジュアルダウンしてアレンジして、
普段着ても面白い。

そんなわけでショールカラーのタキシード。
ラペルは、タキシードの素材のネイビーに合わせ、ネイビー。
ウイングカラーのシャツに、オニキスのカフリンクス、
ボウタイもネイビーで、ポインテッドという形をチョイス。

写真では切れてしまったがオペラパンプスを合わせた。

タキシード 着こなし
ウイングカラーのシャツは、
ピンタック付き、かつスタッドボタンで合わせると素敵だが、
今日は普段さらっと着る方のウイングカラーシャツ。

本来、シャツは下着だから、
下着のボタンを晒すなどとんでもない!
ということで、スタッドボタンで隠すのだ。

今夜の私は恥晒しというわけだ。

スタッドボタンは3つのボタンだが、
このベストがちょうど4つめのボタンを隠す、
優美なベストで気に入っている。

タキシードも色々なタイプがあると楽しい。
これは細いラペルのショールカラーだが、
もう少し太いのも人気がある。
これは体格にもよるため、購入時はじっくり相談して決めると良いと思う。

  • オーダータキシード
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

2016年7月4日 ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | style