オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

オーダースーツにはまって13年

image

オーダースーツの世界に魅了されたのは24歳、大阪のテーラーの方に仮縫いを重ねて作っていただいたのが最初です。

オルタネイトストライプの、ネイビーのスーツ、ジレはなし。袖ボタンは4つで重なっており、前は2つボタン、

こういったところはテーラーに任せ、というか選択肢すら与えられなかったのですが、さすが私のツボをついており、チェンジポケットがついていました。

チェンジポケットのスラント、は私のスタイルでしたから。

そして、あの時のフィット感といえば、忘れられません。もうオーダースーツしか着れない、心底そう思いました。

当時、決して安くないながら、清水の舞台から意外にもポンと飛び降り、購入。

無茶したものですが、やはり思い入れもあります。事あるごとに作れるような自分になりたい、と思ったのを覚えています。

しかし、不思議なもので、

あの時のあの体験を、今は提供させていただく側になり、気がつけば10年。お客様に育てられ、鍛えてるつもりがクルーに鍛えられました。

そうしてオーダーの打ち合わせはもちろんのこと、
気がつけば、面接、面接、面接の日々。

洋服漬けなことには変わりなく、朝からもイタリアから届いた素材の長さが足りてない、という非常自体もあり、ドキドキハラハラな日々(これはご納品日が決まっており、全力で調整中、今後はもっとバッファロを組む必要がある)ですが、楽しい日々です。

そしてこの面接にも色々な発見があって、
こんな質問をしたらどうなるか?と毎回面接も進化しています。

必ず聞くのは、
会社、お客様にどのような貢献ができるか?

それから、これまでにどんな失敗をしたか?を聞くことがあります。

変な話、大した失敗もしてないようじゃ、大して成長できない、と思うからです。

今は、ボットーネは4人でやっています。

色々ありますが、こんな小さな10年目のテーラー、選んでいただけるお客様に、感謝しかありません。

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

2015年12月5日 ブログ | ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ