オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
クルーの本日の気づき
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

46【お客様を見る】

2015.12.27.日 の気づき

今日は、お客様をよく観察してみました。
目の動き、姿勢、手の位置、表情、お連れ様との話しぶり、どういったお人柄なのだろうかと?
ご不安にお感じになられているところはどこだろうと。
お客様の中には、初めてのオーダーということでご不安を抱えてご来店される方もいらっしゃるので、
安心させてあげたいとさえ思った箇所もありました。(金額や仕立て上がりのイメージなど)

私も、話を伺う中でこんなイメージだろうか、こんな風に仕立て上がると喜んでいただけるのではないかなど
生地にしろ、デザインにしろ、ご提案をするのですが、ご提案をしたあと・・・
お客様それそれに嵌るツボがあるのですが(自分自身のなかで見つけたコツのようなものですが)、
そこに嵌った時の皆様の顔が私はすごく好きです。
その瞬間をいつも見たいと思って、お客様とコミュニケーションをしています。

ツボが嵌った瞬間の表情としては、
少しパッと目が開いたり、口角が上がったり、驚き嬉しい表情が垣間見えた時ですね。
心の中で「(あ、今嵌った!ここだ)」と嬉しくなります。
そこから、お客様との心の距離がまた少し近づいた感じがあり、嬉しい瞬間です。

本日来店されたO様
寡黙な方で、イメージもあり比較的淡々と選ばれていたんですが、
この方のツボは、仰らなかったのですが見たり、話を聴いている感じでは
素材感の相性が重要だったんです。
「(この生地を軸に置きたいんだ・・だとすると、これだとくすんで見えるから、
色がパッと引き立つ表情の生地だとあの生地の方が良いだろうな)」と、提案したとき
「あ、これだ・・。こっちの方が確かにいいですね」と。

それから ”小寺さんは、どちらの方がいいと思いますか?”と
名前まで呼んでくださり、委ねてくださるような質問をしてくださったりと、私もいっしょになって
O様の服を作るお打ち合わせとなりました。(実際に一緒に作っているんですが、
コミュニケーションが取れていないとそのように感じない時もあります)

嬉しかったですね、今から完成が楽しみです。

日々進化向上するため、昨日より今日、今日より明日、小さな改善を重ねています。
日々成長、日々感謝、日々謙虚。

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

2015年12月27日 ブログ | クルーの本日の気づき