オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
クルーの本日の気づき
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

4【伝える≠伝わる】

2015.9.21.水 の気づき

最近は、”仕事に人をつける”という点を意識しながら、クルーの成長に力を注いでいます。昨日の【行動の先にある目的】にも関連することなんですが、伝えたことが伝わっていなかったことがいくつかありました。(経営理念の行動指針「ホスピタリティー」より: 6 .私たちは、ホスピタリティーをもって、チームでは自分の考えを述べて質問、相談しています。)

仕事に人をつけるということは、目的がしっかりと決まっており、その目的を達成するために、決められたことを決められたとおりに熟すことです。単純な事かもしれませんが、仕事を振る方はそう単純ではありません。上から降られたことを下すことは簡単ですが、振る仕事を作ることが難しいことなのです。

マニュアルがなかったら?マニュアルの内容が昔のままで変更されていなかったら?スケジュールが変わり、手が空き手持無沙汰になってしまったら?状況は刻一刻と変わりますので、状況に応じて変えていかなければなりません。即座の判断が求められます。(上の者の判断がぶれたり迷うと、皆もどうすればいいのかと、行動に迷いが生じます)それまでのマニュアルがなかったら?ここからは、これまでの経験則で判断をすることが求められます。

現在、マネージャーを任されていますが、経験不足が否めず判断に迷いがあることに気づけました。あるものを伝えるのは簡単ですが、無いものを伝えるにはこれまでの経験則で、話す順序、話し方を、考えずとも話せるに越したことはないのですが、現在の私にはこれが一苦労です。なかなか伝えたいように話せなかったり、優しくいってみたりすると緊張感がなく、厳しく言ってみるとついてこれなかったり、伝えきれていなかった部分が途中から出てきたり、バタバタしていて細かく話せておらず失敗を招いてしまったりと。言い切れないほどの、自身の力不足に歯がゆさを感じる毎日です。

ただ、現状の自身の不甲斐無さを嘆いていても仕方がありません。ただし、これだけはという部分だけは意識して志や軸がぶれないようにしようと心がけています。

・常にお客様目線での行動が出来ているか(自身も・クルーも)

・クルーの仕事ぶりを把握しておく(出来ている部分も、まだそうでない部分も)

・定めた基準が下がらない様、目的達成のため厳しい心を持って伝える

このことを心がけて、愛をもってクルーに接したいと。「人と過去は変えられない、変えられるのは自身と未来のみ」本当にその通りだと思います。日々気づき、自分の良心に従って、お客様に出来る事の為に変わっていきたいですね。道を外れていないか厳しく接しつつも、ヒントに気づかせてくれる代表と、自身を成長させてくれるクルーに心から感謝です。(いつもありがとう)日々努力、日々感謝。

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

2015年9月21日 ブログ | クルーの本日の気づき