オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
オーダースーツBOTTONE クルーの本日の気づき

結局、この仲間が好きなんだなぁ

オーダースーツ 採寸

終礼です!
19:45分を過ぎ、声をかける。

土曜、今日もありがとうございます。と私たちの終礼ははじまる。
ピリッとしていて、キレがある一面を持ちつつ、リラックスした中之丸にいつも助けられ、今日はアルバイトクルーHと迎えたサロン。

礼に始まり、礼に終わる、というと大げさだが、チームである以上、どんな細かなこともシェアしてすすめる。
テーラーやデザイナーは、地味なような速やかなような、色々なイメージがあるのだが、基本的には整理整頓はプライオリティが高い。すっきりとした状態でクライアントに挑まねば。

ところで、いい仕事をするために、決してだらだらと漫然と過ごすのはよくないと思う。
クライアントとの関係でどうしても打ち合わせが伸びる、それはあることだし、苦にならない。

ただ漫然と、それでもなんとなく遅くまでいた方が体裁が良い。そんな文化は、日本の古き良き企業文化かもしれない。
でも、日本企業の生産性は実は低い。ドイツはどうだろうか。

アイビー スーツ

いきなりは無理かもしれないが、やはりテーラーであっても気持ちよくありたい。
この時間には終える。そうやってゴールを設定して追い込むことで、仕事は終わるものだ。
あるいは、もっとこうしたらよくなる!ということがあれば、朝早く来てやったら良いがグローバルスタンダードだ。

終礼後、ついつい、どんな衿が美しいか。と、アルバイトクルーHに語ってしまう。
プレス、クリーニング、シューキーパーに、色々と質問されて。
結局徹底的に全部回答しなければ気が済まない性格らしく。

オーダーメイドスーツ 打ち合わせ

なんというんだろう、
毎日、働いた!という感覚を飛び越えて、生きてるなぁ。と思うことがある。

なぁAIよ、あなたは優秀だろう。
でもこの、やったぞ。というフツフツと湧き上がるような気持ちはあるか?
そのフツフツと湧き上がる達成感だって、理論用は理解できるかもしれないけど。

この生地は、良いですよ、ヌメリがあるでしょう。これは?いや、来年にしまようよ。
なんとなく、アイビーのテイストじゃあないですか?ネームは、あまり提案しないけれど、ここにいれてみないか?やってみましょうか。

オーダーメイドスーツ

細かいことだが、手を加える。
そうすると、味が出る。
ストーリーが生まれる。
狙って生まれたものではないかもしれない、けれど、ふと振り返ったときに、あぁ、そういえばあの服はこうやって生まれたんだよなあ。そんな軌跡になっているのだ。

アナログ、イレギュラー、スロー、まぁなんだかそれも良いじゃあないか。
その中で気づき、学び、生まれるものもある。

雨が続き、新調したばかりのスーツの上にバブアーを羽織る。
オイルの香りが心地よい。
生きてるんだなあ。

ボットーネ スーツ

綺麗事ではなくて、大変なこともあれど、結局この仕事、この仲間が好きなんだなぁ。とふと再認識した数日なのであった。デザインが得意なクルーもいて、全体把握し設計するのが得意なクルーもいて、亀のようだが着実に努力して這い上がるクルーもいる。

ということで、服を大切に、一緒に働く人との時間も大切に、一歩一歩進もうか。

さて、明日は何着よう?

  • オーダースーツ 採寸
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2017年10月15日
オーダースーツ ボットーネのブログ | オーダースーツBOTTONE クルーの本日の気づき

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles