オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
オーダースーツBOTTONE クルーの本日の気づき

《新人》修行24歳 折れないで走り続ける 

スーツの撮影
夢は叶わない?
だから飛び込まない?

惰性で生きていなかっただろうか。
心の声に従って、ただ、服が好きでこういう仕事がしたい!

だから不思議な感情だった。
いつもここじゃない気がして、
いつか、何かを。

そう追い求めていた。
食の世界で、それを実現できないだろうか。
どんなにかくしても、自分の心だけには嘘をつけなかった。

そんな24歳に転機が訪れた。
彼は、洋服作りの世界へやってきた。

思い立った日がスタートだ。

オーダーサロン
アルバイトクルーKとともにアルバイトクルーH、
ともに純粋。

彼Hは初日、業務開始のずいぶん前からサロンに入った。
そして結局ラストまでいて、アルバイトKの歓迎会にも参加。

オーダーサロン
教えるって、なかなかエネルギーがいるけれど、
だけど教えていて教えたくなる人というのがいる。
学ぼうとする姿勢なのではないかな。
いつも貪欲に学び、それを吸収して同じことを二度聞かない姿勢。
しっかりと自分で考えて、質問をまとめてから聞く姿勢。
そして、今はわからないだろうけれど、聞いたことは後輩に教える日がくるのだ。

ボットーネ 講義

いまは、わからないことがわからない日々。

仕事は良いことばかりではないだろう。
きっとこれから辛いこともあるだろう、華やかな舞台裏、やりたいことばかりではないだろう。
けれど、仕事は決して苦痛ではない。
仕事こそ喜びだし、生きる意味だ。
同じ日は二度とないし、雨はずっと続かない。
だから、折れないで、、走り続ける。

24歳なんて、社会のフィールドのいよいよこれからという時だ。
強がらなくても良いし、不器用で良い。

周りの同年代の友人に笑われても、聞いちゃあいけない。
明日の自分のために、ひらすらに、信じた道を突き進むのみだ。
もちろん、手抜きなし!

お客様は厳しい。
社会の基準がガンと高くなるだろうし、できると思っていた自分がちっぽけに見えると思う。
でも、お客様に喜んでいただく、何ができるのだろう?
一人で長距離の帰り道、眠い目をこすりながら帰る曇り道でも、一生懸命にそれを考える、これからも、この先も、それだけがあれば大丈夫。

やってみれば楽しい!
大丈夫、とにかく、ブレずにいこう。

  • オーダーサロン
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2017年7月6日
ボットーネ 松のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | オーダースーツ サロン ボットーネの出来事

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles