オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
オーダースーツ サロン ボットーネの出来事

3月9日 レミオロメンと卒業

ボットーネ

3月になったから春物のスーツを着るようになったが、まだ肌寒く、春物スーツの上にキャメルのコートを羽織る。
すると表参道に同じようなキャメル色のコートを着た女性からチラチラと見られる。
ふふふ、この素材がキャメルヘアー100とわかったのだろうか?
いや、おそらく違う、メンズとしては珍しいからだろう、色が。
ネイビー、グレー、特にダークな色、男性はそういう色に溢れているこの季節、キャメルコートに春物スーツ。
キャメルコートに白スニーカーとか、キャメルに白パンツ、黒ローファーを合わせるのも好きだけど、ますます女性っぽい雰囲気になる3月である。

そんな3月、この時期は色々な節目で、レミオロメンの3月9日という名曲が頭の中にこだまする。

新たな世界の入口に立ち
気づいたことは一人じゃないってこと

瞳を閉じればあなたが
まぶたのうらにいることで
どれほど強くなれたでしょう
あなたにとって私もそうでありたい

レミオロメン 3月9日

やはり卒業シーズンだから、自宅のミュージックTVでもしきりに流れてくるメロディだ。
さて、卒業といえば私たちの会社でも晴れて卒業となったクルーがいる。
プレス修行中の嶋田である。

take-ivy

嶋田くんは情熱的に仕事をするあまり、プレス修行先のナチュラルクリーンにそのまま飛び込んでお世話になる決意をしたのだ!
そして、なんと荷物を詰め、もう工房に修行に入ったようだ。
がんばれという言葉では片付けられないが、良かった、さらに良い人生を歩んで欲しい。いや、あれほどの会社に行ったら歩むだろう。

そのようなわけで、あまりに突然でありご挨拶できなかったクライアントの皆様に誠に申し訳ない次第だが、彼の成長をこれからもどうか応援していただけたなら幸いである。

やはり引き際で一番大切なのは「礼儀正しさ」でしょう。
それと「気配り」と「思いやり」、なにより「筋を通す」ことでしょう。これは去る者も、送り出す者もです。

そういったことがキチンとしておれば、その場を去っていったとしてもお互いにしこりが残ることはないでしょう。

いろんな意味で、協力し合える関係としてその後も、交流をはかることができます。

そもそも、仕事をする本当の目的は、「お金」や「技術」をただ身に付けることではなく、「目指す方向が同じ仲間と共に、さまざまな体験を味わい、より自身のいのちが輝き進化・成長することを歓ぶ」ということです。

ナチュラルクリーン ボスの日々是笑日より

過去、引き際では失敗したことがある。
引き際塾でもあれば入って勉強したいくらいだが、今回が引き際塾だ。

何事もネイビーのスリーピーススーツのようなシンプルさと、座る時にピッとセンタークリースを持ち上げて座るような気配りを忘れちゃあいけない、服は着るだけでは半分でしかないってことだ。

上手くはいかぬこともあるけれど
天を仰げばそれさえ小さくて

青い空は凛と澄んで
羊雲は静かに揺れる
花咲くを待つ喜びを
分かち合えるのであればそれは幸せ
この先も隣でそっと微笑んで

レミオロメン 3月9日

顔晴れよ、しまっち。
嶋田くんのブログ

種は蒔くべき時にまかなきゃあ。鋼の軸を作らなくちゃあ、と、私自身、何を大切にしなくちゃあいけないのか、イタリア生地かイギリス生地か?くらい違いがハッキリが明らかになったと思う。日々学び、みなさまに感謝でしかない。

  • take-ivy
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2017年3月13日
ボットーネ 松のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | オーダースーツ サロン ボットーネの出来事

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles