オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
明日は何着よう?松はじめのスーツの着こなし術

スープストック 表参道に週末カレーを買いに行く

松はじめです。

週末は予約でいっぱいになるサロン。

こんな日のお昼はサロンのご近所でやっているお弁当などがベスト!

なのだが、以前出店してくださっていたお弁当屋は、大家さんの関係で商売ができなくなってしまったらしく・・・

私の週末、表参道のお弁当リストに加わったのが、スープストック。

週末、ジャケットを脱いでベストスタイルでスープストックに向かうことに。

表参道ヒルズの真ん中に、大通りに抜ける通路がある。

ここからメイン通りへ。

さすがに30度を越え、早くも梅雨が開けた東京ではみな軽やかな服装だ。

一路、スープストックを目指す。

みんなが買ってきてくれることもあるのだが、こうやってちょっと週末の表参道の歩くだけでも発見がある。

そこで、むしろみんなの弁当を買ってくる役を、積極的に引き受ける時があるほど。

スープストック 表参道に到着。

予想通り混雑している。

予想通り女性のお客様が多い。

壁に貼ってあるメニューを見て、おおよその方向を決定。

手際よくスープが詰められていく。

完成されたシステムだ!と関心してしまう。

今日のスープ、1つ目はカレー。

もう1つは冷製のえんどう豆のスープ。

ご飯は、普段そこまで量を食べないのだが、週末に関してはスタミナが切れないようつい大盛りにしてしまう。

私たちのサロンは、週末は、予約でいっぱいとなる。

洋服の打ち合わせは、コンセプト設計>>生地選定>>採寸・フィッティングなど、全て行う場合にはしっかり2時間の時間を確保している。

そこで、私自身、1日に4人の方の打ち合わせをしただけで日が暮れてしまう。

だから、1着入魂・濃密・真剣に打ち合わせができるし、ついつい脱線しながらも仕事をしていて心から楽しい。好きなことをやっているのだ、どんなことも心から楽しまなくちゃあと思う。もちろん仕事としての責任はある、良い仕事をしたいし、良い服を届けるのは当たり前。

だけど今は大好きな洋服のことを話している時間が仕事になっているので、心から楽しい!

得意・不得意、役割はそれぞれ。一緒に働いているクルーにも感謝である。

さて、明日は何着よう?

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2018年7月3日
ライフスタイル | 編集長の日々

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles