オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
明日は何着よう?松はじめのスーツの着こなし術

夏はアイリッシュリネンのスーツを着てテラス席のバーに行きたい!と思った話

松はじめです。

初夏の装いといえば、リネンのスーツやジャケットではないでしょうか?

その素材感から涼し気で、通気性も良く、独特のリラックスした雰囲気が醸せるのがリネンです。

ビジネスというよりも夏のレストランで、船のパーティーで、熱帯夜のバーで。

リネンのスーツやジャケットがあると良いですね。

「海外出張が増えそうなので、食事の時にも着られる夏ジャケットを。」

表参道サロンでW氏と夏のオーダージャケットの打ち合わせを終える。

昨夜は、ボットーネで一緒に働くクルー2人と語る日になった。

もともとサシ飲みの予定だったのだが、偶然遭遇したもう1人も合流して、3人。

夏のバーには何を着て行こう?

リネンのエクリュ・カラーやホワイトのスーツも良いが、

アイリッシュリネンのネイビースーツを着て、シングルモルトを飲む、なんてどうだろう?

16世紀、英国。

貴族は基本的にリネンとシルクとウールを着ていた。シャツはウイングカラーだが、素材はリネン。

リネンは高級品であった。

リネンの生地を使ったスリーピーススーツ。

リネンのシャツに、リネンのタイ。

都心の熱帯夜、トゥールームスバーのテラスルームには心地よい風が吹く。

今年はパナマハットも合わせて、リネンを着こなしてみては?

さて、明日は何着よう?

写真のバー Two Rooms Grill | Bar

表参道の246号線沿い、AOビルにあるバー。

グリルとバー、2つのフロアで楽しむことができ、外国人の姿も多く見かけるバー。

この辺りは中低層エリアなので、AOビルの他に高いビルはあまり見かけない。

そのためテラス席からの南青山の眺めは、派手さはないが洗練された都会の夜景。

夜、バーとして行くのも良いが、カフェタイムに行ってみるのもおすすめだ。

住所:〒107-0061 東京都港区北青山3丁目11−7 AO ビル

電話: 03-3498-0002

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2018年5月29日
ファッションアイテム | オーダースーツ
タグ:, ,

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles