オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
スーツ ジャケット スタイル

スウェインアドニーブリックのダレスバッグ

ボルドーのスーツ
オーダーサロン ボットーネがお届けするビジネススーツ&フォーマル通信。

ドナルドトランプ氏は来日後、韓国、中国、そしてベトナムハノイと北朝鮮問題の話題も尽きない昨今。一度は観光したいとランキング上位に食い込むフランスも、テロの影響から随分と観光ダメージがあり、日本人観光客の減少は明らかなのだとか。何が起こるかわからない時代である。

土曜は雨の予報もあったが、見事に晴れて、ボットーネに新たなクルーが加わった。
午後からは銀座で講義。今期誂えたボルドーのスリーピーススーツは、少し無骨にダービー(外羽根の靴)を合わせてみた。
サロンには、ロンドンで買った、というグレンロイヤルのブリーフケースを持っていらしたクライアントを見て、ハッとした。

薄い、、グレンロイヤルのブリーフケースといえば軽いのがウリだ。それも700gという、レザーを感じさせないという。だが私はそれに魅力を感じつつも持とうと思ったことはなかった。物が多いのだ。

ボルドー スーツ 着こなし

ところが、本当に必要なのか?
その移動に、ダレスバッグに詰まった物たちは、本当に必要なのか?

ふと佐藤可士和さんの書籍を思い出す。
佐藤可士和といえばユニクロをはじめとするciなどを作るクリエイティブディレクターだが、驚くほど荷物は少ないという。オフィス、サムライは無駄な物がなく、整然としている。
そう考えれば、移動に必要な物はもっと棚卸しできるのではないだろうか?

 
なぜかグレンロイヤルをきっかけに、猛烈にアイテムの見直しになった。まず手帳、バイブルサイズの手帳は、これだけデジタルの時代に常に持ち歩くべきだうろか?手帳はスケジュールのみならず、人生のコントロールタワーと教わったことがある。事実そうだと思うが、確かに紙の手帳に触れる機会が減っている。抜粋して数ページ持てば良いのではないか、、。
 
ノートと、マックブックエアを詰めたら、あとは意外と持ちものがないことに気づく。
その日のビジネスに合わせ、事前に計画してセットする。もちろんビジネスによってはダレスバッグやアタッシュケースが必要なこともあるだろう。でも、ある1日、身軽に過ごしても良いかもしれない。グレンロイヤルのブリーフケースに、マックブックエアだけを詰めて、それだけしっかり段取りを組んでおいて。
それもカッコいいと思った。

そんなことを考えながら銀座に行くと!
なんと、受講している講義を主催している内田氏が、
《松さんに見せたいものがあるんです。》と。

スウェインアドニーブリックのダレスバッグ

私はすぐに、新しいバッグを買ったに違いない!と確信したのだが、やはり・・・
登場したのは、スウェインアドニーブリックのダレスバッグ。

・・・・・・・・・・・・・・・・
黒のダレスバッグ、日本では米国のダレス長官にちなんだ名前として一般的ですが本来の名前はトップフレーム。この鞄は両肩が水平の最も一般的なタイプです。素材はブライドルレザー。作りもウェイン・アドニーのクラフトマンシップが感じられるしっかりしたものです。

内田氏のブログより
・・・・・・・・・・・・・・・・

ダレスバッグ スウェインアドニー
それもなんと、中は赤!
スウェインアドニーブリックのダレスバッグには2種類の形がある。
以下も内田氏がお持ちのスウェインアドニー。

スウェインアドニーのダレスバッグ
こちらはなで肩。
チェスナットのブライドルレザーのダレスバッグ、エイジングで深みが出て、時が経つほど美しい。
良いバッグは重い。
ずしっと重い、ダレスバッグ。これも良い。

・・・・・・・・・・・・・・・・
実際に手に取ってみると黒の方が軽快な感じがするので、重さを計ってみました。チェスナットが2.4kgに対して黒は2.0kg。わずか400gかもしれませんが、手に持った時の印象は大きく異なります。素材は鞄製造時の革の入荷状況などで違ってくるのだと思います。素材感や作りは特に差異は感じられませんでした。
内田氏のブログより
・・・・・・・・・・・・・・・・

と、結局いろいろなタイプのバッグを揃えておくと、シーンや用途やライフスタイルに合わせて変化をつけられる。スーツも靴もバッグも。

ということで、スーツもバッグも良いものを揃えていこうか。

さて、明日は何着よう?

  • スウェインアドニーブリックのダレスバッグ
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2017年11月12日
ボットーネ 松のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | スーツ ジャケット スタイル

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles