オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

口が開いたままだった?

ジャケット コーディネート着こなし
昨日の晩も結構ワインを飲んでしまったのだが、朝、パッと目覚める。
随分昔を振り返れば、遠足の朝のような、
最近ならば海外旅行の日、とでもいうのだろうか。
新しく新調したオーダースーツに袖を通して職場へ向かおうと決めていた日も、同じ感覚かもしれない。

今日は大西先生の講義だ、
毎月この日が楽しみでしょうがないのだ。
ブルーの強いネイビー・ジャケットに、ボタンダウンシャツ、
ホワイト・パンツにタッセルローファーはヌバック、白ベルト。

Jacket:FRATELLI TALLIA DI DELFINO
Gillet:TOLLEGNO
Tie:MARINELLA
Pocket handkerchief:Calabrese
Shoes:宮城興業
 

メンズウエア素材の基礎知識 講座2
アルバイト・クルーの嶋田くんは、丸いメガネの奧の目をキラキラさせて、
前のめりで講義を受けていた(手前)
ここに訪れていたメンバーにはある特徴があるし、
おそらくその特徴がなければ、入室することはできないのだと思う。

その特徴とは・・・

好き!だ。
洋服が好き、この気持ちがなければ、チンプンカンプンの講義だし、
ただ売ろう、売上を伸ばそう、接客のスキルアップしよう、とか、
おそらくそういうスタンスだと、面白くないはずだ。

なぜならば、
一つ一つの内容は、スルメイカを咬み続けるような深みがあり、
店頭に立ち続けたバリスタのように、積み重ねて学習していくことで初めて自分のものとなり、
何かが一瞬でできるようになるとか、そういうものではない。
だから、洋服が好き、学びたい、そういった人が自然に集まっているのだと思う。

丸いメガネの奧をキラキラさせていた嶋田くんは、
「終始、口が開いたままでした」という、マンガのようなコメントを真顔で伝えてきた。

おいおい、口が開いたままって・・・そんなシュチエーションってどんなシュチエーション?

37歳の私はすぐに、ドラゴンボール(人気アニメ)で、スーパーサイヤ人(とにかく強くなった、伝説の戦士)になった時の主人公・孫悟空を見た、
フリーザ(数々の惑星を絶滅に追い込んだ悪の帝王)のような感じ、をイメージしてしまったが、

嶋田くんとドラゴンボールを通してイメージを共有できる自信がなかったため、辞めておいた。
彼はきっとワンピース世代なのだ。

ドラゴンボールというアニメは、私のなかではカイジと並んで伝説の名作だ。
自宅に帰ってスカパーでアニマックスをつけると、魔人ぶうと闘っていて、くいるように見てしまった。
アニマックスのお蔭で、伝説が語り継がれる。

ある意味この講義も伝説だ。
素材の講義も、大西先生の想いも、私たちはしっかり次世代のテーラーに語り継ぐ必要がある、とふと思った。

インターネット上には、正しい知識も、間違った知識も、大量の情報がある。
こんな時代だからこそ、正しく楽しい知識を、これからもありのまま発信し続けたいと思う。

  • ジャケット コーディネート着こなし
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

2016年9月6日 ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | Other