オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
ボットーネ 松のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ

ジャケットのボタン

7Q6A9875
今日はウールのジャケットに、リネンのジレ、リネンのタイ。
某TV番組の打ち合わせということで、
テーマがリネンとボタンについてだったこともあり、リネン中心にコーディネート。

チェックジャケットとジャケットのボタン
このジャケットはうっすらチェック。
本音をいえば、このジャケットは作るまでチェックだと思わなかった。
この仕事10年やってて、、、こんなことは初めてだ。

ところが、これがまた好評だった。
まったく何が生まれるかわからないものだ。
そんなチェックのウール素材のジャケットだが貝ボタンを合わせている。

ボタンとはなかなか深い。
まず、紳士服においてのボタンは、
実用という側面と、
装飾という側面がある。
フレンチの前菜のようなものかもしれない。
そしてパセリともいえる。

パセリのように緑を添えるだけで、
遠足の時に食べる弁当のように美味しさが変わる。
そういった装飾の要素もあるが、
パセリは殺菌作用がある。

そんな装飾(アクセサリー)という意味では、
ボタンはスーツやジャケットなどにおいて、
唯一の装飾だ。

スーツを見ると、ボタン以外には突起物がない。
唯一の装飾、唯一の突起物。

しかしそれさえも隠すという文化が、フォーマルにはある。
タキシードに着用するウイングカラーシャツの、
スタッドボタンがそうだ。

2013-09-17 12.03.02
この胸ボタンの黒いのがスタッドボタン。
ピンタックがあれば尚良い。

そもそもシャツというのは下着である。
その下着のボタンを見せるなど、恥ずべきこと、
そんな風潮からボタンをも隠すのだ。
タキシードの場合は黒のオニキスのスタッドボタンを身に着ける。

タキシードの上着はくるみボタンで、
拝絹に使用する朱子織のシルク素材で包んだボタンを使用する。
これがエレガントなのだ、
まあエレガントなのだ、と言われるとエレガントな気がするものだ。
長い歴史があるのだし。

まったく関係ないが、
オニキスという響きが爽やかで好きだ。
例えばスガシカオさんの歌に、オニキスという歌がありそうな気がして、
今週の1位は、オニキス!とクリスペプラー氏の声で聴きたいものだ。

松はじめ

  • 7Q6A9875
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2016年5月10日
オーダースーツ ボットーネのブログ | ボットーネ 松のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles