オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
明日は何着よう?松はじめのスーツの着こなし術

1つのことを続けていると、嬉しいことも悲しいこともいろいろあるけど、また一から頑張ろうと思った話。

およそ12年ぶりのクライアントS氏が、ベストの修理のためにサロンに訪れた。

12年前といえばボットーネがスタートしたころで、S氏とは私が昔お世話になっていた会社の上司だ。

12年、大切に着用してくださっていたのだ。

サロンに到着し、懐かしさとともに思い出話に花が咲いた。

ベストの裏地を見て

そのあと、ベストは出てきた。

この裏地!

ベストの裏地を見た瞬間に、12年前の記憶がフラッシュバックする。

裏地とともにその他のこだわりが詰まったそのスーツがきっかけで、その日どんな打ち合わせをしたのかが脳裏に蘇った。

S氏は私より3つ歳上だが、お互い年齢を重ねていた。

S氏の元で仕事していたころ、私は20代であった。

気がつけば二人とも40代。

お互いに家庭があり、子供がいる。

原点は変わらないけど、洗練された

考えてみれば私は、12年前の今日も同じ仕事をしている。

ITが進化していろいろなことが変わったし、当時はスマートフォンもなかった。

サロンも別の場所にあったし、スタッフはいなかった。

でも、こういう洋服が欲しい!

よし、作りましょう!

この原点は変わっていない。

変わっていないのだけど、さすがに10年以上同じ仕事を続けていると、見える世界が違う。

同じことをやっていても、洗練されてくる。

同じことをやっていても、後輩を育てるという使命が生まれている。

信用は1日にしてならず

10年前、テレビに出ている方の服の依頼を受けた。

テレビに出ている方にはスタイリストさんがいて、そのスタイリストさんとお仕事させていただいたことがある。

どんなご縁なのか、最近またそのスタイリストさんからご連絡をいただいた。

そして、またテレビに出ている方のスーツを任せていただくことになった。

知らない人はいないであろうそのお方を見て、アシスタントのH君も興奮気味だ。

それも面白いが、何よりもこうして10年という月日を超えて覚えていていただいて、またこうしてご依頼いただけたということ。

40歳になってわかること

20代のころ、信用は大事だ!とか、

とにかく20代でどれだけ積み上げておくかだぞ!

と言われたものだ。

はぁ・・・。

そうですか、と受け流したものだ。

気がつけば、自分が言われたことは、ニュアンスは違っても同じようなことを伝えている気がする。

若いって、馬鹿い!とは、私が師匠から教わったことである。

馬鹿だからこそ、走れることがある。でも、粗い。

今になって、いろいろなことがようやくわかる。

40歳になってみないとわからない景色や、1つの仕事を続けてみないとわからない景色があるのだな、と身に染みて思う。

まあ何事もそんな綺麗にはいかないけどね。

さて、明日は何着よう?

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2018年6月15日
ライフスタイル | 働き方

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles