オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

横浜と東京という距離とオーダーメイドと

 image image

週末を終えたサロン、

横浜と東京、近いようで色々な違いがある。

服装もそうだし、人柄も違う。

以前、私も横浜市民だった。

あの頃は仕事は東京のテーラーへ通っていて、だいたい終電。

桜木町を走り抜けるころ、観覧車の時計を恐る恐るチェックして、ああ、もうこんな時間か、と1日を振り返っていた。

今は、逆走している、おまけに湘南新宿ラインの普通グリーン車に乗っているから、出世したものだ。(というのは大袈裟、いってもアップ500円くらい、中で仕事ができる)

横浜に住んでいたころ、

あの頃は一人暮らしだったが、

休日になかなか東京へ出ようとは思わなかった。

実際横浜サロンでオーダーの打ち合わせをしていても、それはひしひしと感じる。

東横線も明治神宮前や新宿を通って、埼玉へ直結し、近いようで、心理的にはまだまだ遠い。

そんなわけで横浜サロンがあるわけだが、

まわりまわって、横浜になったのは意味があるのだと思う。

何事も、物事は一つの方向からだけ眺めていると、時に見失う。

色んな角度から物事を!リーダーは、鳥の目、虫の目、魚の目を。

鳥の目は、大空に飛び立って、俯瞰して物事を見据える目、

虫の目は、現場で草を掻き分けながら、物事を注意深く観察する目、

魚の目は、潮の流れを読みながら、全体の方向性や今の位置を見る目、

こうした多面的な見方は、オーダースーツを作る際にもフィッター側に欠かせない能力だと思う。小さな見本からでもコーディネートを発想して提案する鳥の目、

細かな補正をチェックし、細部を採寸する虫の目、

納期やスケジュール、もっといえばトレンド傾向をつかむ魚の目。

リーダー、マネジャー、経営者もそうだと思う。

でも、私は不器用だから、

なかなか論理的にわかっても、見失うことがある、

こうして二つの場所を行き来すると、お互いの良いところや問題や改善点が浮かぶのである。

東京と横浜、

せっかく与えていただいた機会に感謝し、

学んで服作り、チーム作りに生かそうと思う。

表参道をしっかり支えてくれているクルーと、見守って下さり、ご遠方からもいらしていただけるお客様に、何よりも感謝です。

明日も真北へ。

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

2015年12月13日 ブログ | ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ