オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

モヘアとデニム

デニムにジャケット

今日は昨日の組み合わせで、ジャケットと靴を変えて。
モヘア混のジャケットはさらっとしてるのが良い。
4月だというのに肌寒いから、トレンチコートがヘビーローテーションになっている。

モヘアについて、お客様とメールでお話ししていたところ、
モヘアのジャケットはオーダーしているけど、
パンツは買えない、とのメール。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私は太ももが太いため、数回着用するだけで股下が毛羽立ち(その周りは光沢&平滑なので余計に目立ちます)、 それに懲りて以降、モヘア混のパンツを買えずじまいです。 また、Cape Kidのクラスでは、シワが入らなさすぎで、雨降り袖にしたくても雨が降ってくれません。(お客様より)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それで実際にパンツとしての耐久度はどうなのか、
素材の神、大西先生に、夜分に質問メッセージを厚かましくも送った。
こんな答えがかえってきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

松さん、こんばんは。
モヘアというのは、ウールと違ってスケール(ウロコ)が少ないので絡まりにく、
タテ糸には殆んど使う事はありません。

つまり、モヘア100%という場合でも、
ヨコ糸モヘア100%なのであって、
タテ糸はウールが使われているわけです。

ですから正確には、モヘア100という場合でも、
ウール50、モヘア50なわけです。

さらにモヘアは張り腰のある糸ですから、
ヨコ糸にモヘアが打たれていれば、張りが横にある為、
パンツのセンターラインや縫い目が、かなりのアイロン操作をしなければ、
反発して浮き気味になってしまいます。

また、それがいかにもモヘアっぽいわけですが、それを良さと見れないと、
モヘアは余り仕立て映えする素材とは言えないかもしれません。

当然アメフラシ袖付けなどは、イセコミにくいから難しいですね。

もちろん、耐久性は二の次のお洒落素材ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで、
お洒落着である。
しかし、このハリコシは秀逸。
フォーマルなシーンでも、またジャケットはカジュアルでも映える。

  • デニムにジャケット
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

2016年4月5日 ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | style