オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

スコットランドからの手紙

image image

本日はホーランドシェリーという、イギリスのマーチャントから、クリスマスカードが届いた。

差し出しの住所はないが、宛名にjapanとあり、おそらくスコットランドから送ってくれたのだろう。

差出人はマーク。

マークはテキスタイルデザイナーで、数年前にボットーネの表参道サロンに来てくれた。

そうしてからというもの、だいたいこの時期に毎年クリスマスカードを送ってくれるのだ。

遥か海の向こうから、こうしていただける手紙、暖かさが伝わる。

我々もお客様にレターを送ることがある、クルーにもよるが毎回送るクルーもいる。それでお電話をいただいたときに、手紙ありがとうございます、と言っていただけることがある。

メールやLINEなど、通信手段は高速化し、しかも一言、一文でもコミュニケーションが成立しているように思えることもある。

が、どうだろう?

昔、ドキドキしながら友達の家に電話して、親が出たらガチャっと切るという、あのドキドキ感はもう味わえないのだ。

昔、ワクワクしながらも5分相手が遅れてきて、不安になった待ち合わせのスリリングさは、もう味わえないのだ。

高校の時、ポケベルが流行った。

あの時はあの時で、おはよう、という言葉を数字で送り、コミュニケーションをとっていた。

そこに、手間があった。

SNSは確かに手軽ではある。

しかし、私にはどうも日々希薄になっていく関係のなか、必死に繋がりを求めて中毒になっていくような部分も感じてならない。

便利なこんな時代だからこそ、

こうした手紙に感動するのだと思う。

今日は表参道サロンに出社し、これから横浜。表参道サロンは予約でいっぱいの週末、日々色々なことがあるが、改善改善!

今日も真北へ!

  • image
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

2015年12月13日 ブログ | ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ