オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
スーツ ジャケット スタイル

最近のコーディネート スーツ・ジャケットスタイル

ダブルのベスト スリーピース
オーダースーツ サロン ボットーネの松 甫(まつ はじめ)です。

夏季休暇は一体いつからいつまでなのだろうか?
会社によっても違っており、よくわからないのだけれど、私たちは水曜・木曜のみおやすみを頂戴するので、いってみれば夏季休暇だ。

8月中旬、少し気温が下がったのでスリーピーススーツで過ごしている。
ダブルのウエストコートはシングルのジャケットに合わせてもOK。

ダブルのベスト コーディネート
タイはネイビー。

ネイビースーツ
ネイビーのスリーピーススーツに、ネイビーのタイ。
雨が降っていたのでスエードの靴で。

ネイビースーツ コーディネート
この日は終戦記念日ということで、ネイビー×ネイビーで気持ちを表現。戦争?知らない。そうかもしれないけれど、私たちは過去から学ばなくてはならない。

アーサーホーランド 松 甫
赤と青、アーサーホーランド先生の納品にて。
涼し気な印象を作りたかったのでリネンジャケットで。

アーサー先生の情熱は服を通しても、ボディからも、表情からも伝わってくる。この服を着こなせる人生とはどのようなものだろうか。

ダブル ジャケット 着こなし
ダブルブレストのジャケットはウールシルクリネン。
2プリーツの白いコットンは強いストレッチが入っている。

ノープリーツの反動か、急激に2プリーツの流れが止まらない、そんな既製品の流れにあまりとらわれないでほしい。モードという魔物は、次々と服を欲しくさせる。けれど、似合う服、場に合う服、エチケットとしての服、ただプリーツが増えたからといって単純に変えていたらキリがない。

トレンドに乗りながら、あぁ、これ似合う、うーん、これは似合わない、、など、失敗しながら突き詰めていくのが自分スタイルではないかな。

もちろん、そこに最短で導くのが私ちちのような人間の役割だけれど。

ビリンガムのバッグ
来季から取り扱いを検討していた、ビリンガムのバッグ。
ネイビースーツにグリーンを合わせて。

グリーン ネクタイ コーディネート
ネイビーのバッグがしっくり。

しっくり、、きていない。

なぜならばこれは私のものではないから。

写真写りでチェックしたものの、自分のものではないバックを持つのはどうも。

新品の革製品を持つのは気恥ずかしい、って友人に話したことがあるけれど、やっぱり使い込んで自分色にフィットした状態が最高だと思う。

グレーのスーツ
ライトグレーのスリーピーススーツ。
こちらも来季から取り扱い検討中のタスティングのバッグ。

タスティングのバッグ
涼し気なレジメンタル・タイで涼感を表現。

やはりバックは借りてきたバックという感じ。

サンプルだから。

ボットーネ
さて、私と中之丸、ボットーネはこのお盆もたくさんの紳士の洋服制作に携わることができ、同時に秋冬の生地の入荷もはじまった。いよいよ秋に入っていくなと実感した8月の折り返し地点。
そろそろリネン・ジャケットもラストかな。

テレビ出演
リネンジャケットといえば、昨年NHK・BSの美の壺という番組のボタンの特集で、出演させていただいたことがある。

貝ボタンに合うジャケットについて、この時はサロンに撮影クルーがいらしたことがあるのだけれど。

貝ボタンにはリネン・ジャケットが非常に合うのだ。
番組はとても素敵な構成で、息を飲む映像に驚いたのを昨日のように覚えている。

そんなリネンの季節から、カシミアの季節へ。
さて、明日は何着よう?

  • ダブルのベスト コーディネート
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2017年8月15日
ボットーネ 松のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | スーツ ジャケット スタイル

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles