オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
クルーの本日の気づき
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

採寸しようか

スーツの採寸

「採寸しようか」

手持ちのタスクが一段楽した時

代表が声をかけてくれた。

先週クルー全員でご飯に行った際、しれっと

「採寸して欲しいんですよね。」と言っていたことを代表は覚えてくださっていた。

「是非!お願い致します!」

流れるようにスッ スッ とメジャーを

あてられる。

「難しいね。左、すごい怒り肩だね。」

ジャケットの皺からも左右のズレがわかるほどに、自身の身体はあらゆる箇所に癖があった。

スーツの採寸

小寺マネージャーにもみてもらい

「ここを削った方がいいんじゃない?

いや、ここを修正した方がいいと思います。」

アドバイスをもらう。贅沢な時間だ。

丁寧に、じっくりと体型の補正をみてもらい

ベースとなる設計書が完成した。

「生地、迷ってるんです。」

そう言うと、

「これとこれなんか、好きだと思うよ。」

代表が机にいくつかバンチブックを並べてくれた。

生地をめくる毎に これで3Pにしたら。。

ダブルも捨てがたい。。 うーん、悩ましい。

選べない。。

夢中になって生地を選んでいるのを

代表はニコニコしながら見守ってくれた。

バックヤードにあるバンチブックも広げて

みていると、横から視線を感じる。

「嶋田くん」

ニコッと笑う小寺マネージャーの瞳から

発せられるメッセージに ハッとする。

夢中になって生地をめくってる私の横で、小寺マネージャーと中之丸さんは黙々と業務をしていた。

「明日、僕掃除しますね。」

やれやれ と笑ってもらえたので、なんとか許してもらえただろうか。

水曜日、木曜日は定休日。

珈琲を飲みながら、サロンでゆっくり、生地とボタンについて考えよう。

  • スーツの採寸
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

2016年10月11日 ブログ | クルーの本日の気づき