オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
明日は何着よう?松はじめのスーツの着こなし術

秋のスーツ・ジャケットスタイル 明日は何着よう?

松はじめです。

いよいよ秋らしい気候になってきました。

秋本番、ジャケットやスーツを着るのが楽しい季節です。ここ最近の私の服装をまとめてみました。

メンズウエア素材の基礎知識の著者であり、ボットーネで主催している素材と着こなしの講義の講師、大西基之先生と、某・帽子倉庫へ!

この日の大西先生は、サファリジャケットにチノ・トラウザーズ、ニットタイ。もちろんシャツはボタンダウン。

私はちょっと早いけどコーデュロイのスリーピーススーツ。クラブタイ、ボタンダウンシャツで。このジャケットはミシンステッチを入れて、フックベントということで、パソコンのキーボードのホームポジション、FとJのキーに人差し指を置くように、時々アメトラで、ホームポジションに戻った気がしていたりして。

英国から、ファッション・フォトグラファーであり、ダッシングツイードという生地を扱うブランドを抱える経営者ガイ・ヒルズ氏が来日。生地のことはもちろん、英国のドレスコード事情などもインタビューしてきた。

しびれる写真ばかりだったが、ガイ氏のファッションからも目が離せない。まずはワイド・トラウザーズ。

「イギリスではこういうシルエットがモダンだよ!」

とおっしゃっていた。

サイドアジャスター付き。

日本でもファッション感度の高い人ならおわかりだろう。そして足元はスニーカー。

私もカジュアルスタイルだと、すっかりルーズシルエットになった。お気に入りは、ニートというブランドのパンツ。スーツも、今期誂えているのはゆったり目。ガイ氏ほどではないが、、。

9月になったら、秋服。

アパレル業界なのだし、デパートに行ってもセレクトショップに行ってもみんな秋服だ。それはそのはずで、秋の服を提案するのに夏の服じゃあ・・ということなのだろう。

ショップの方を見て、アァ、秋服用意しなくちゃなあ、とインスピーレーションを受けることもあるわけで、まさに動くマネキン!と、そういう現実的な部分だけじゃあなくて、やっぱり9月、10月といったら気分は秋。

だからどんなに暑くても服くらいは秋を装いたい!という気持ちがあるのが服好きの気持ちだ。

ただ、暑かった。この日だけは暑かったので、春のモヘア混ジャケット。でも、この右下がりのクラブタイが最高。

チェックのジャケットは、カシミア混で10年くらい前に誂えたもの。

着よう、着ようと思いつつ、以外と登板が少ないジャケット。素材感のあるタイと、ボタンダウンシャツ、ボーラーハット。

気に入っているベストは、ダブルのショールカラー。

こちらはフランネルで、独特の素材感。イタリア素材のコーデュロイパンツも良い感じに育っていきた。こういうのはちょっとずつ、ちょっとずつ育てていかないと。

極端な話、仕立てて1年くらい表舞台では着ないこともある。

オフにちょととずつ慣らし、自分の物になってきたかな?というころに登板させるという。

日本に舞い戻った佇まいの救世主・・
天は二物を与えてしまった・・・。NYとワシントンのアメリカ人がクスリと笑う日本人の洋服と仕草の著者、安積陽子さんと、お茶を!

フォックスブラザーズの社長が来日。

社長の肉厚霜降りフランネルのスーツはダブルブレスト。私もチェルッティのウーステッド、ダブルブレストのスーツ。

ダグラスコルドー氏の足元も素敵だ。

ベージュのジャケットはフランネル。

ビーバーのハットと一緒に。

この日は雨で、マリアフランチェスコの傘。雨の日が楽しくなる傘。

大西基之先生の10月の講義。大西先生はベージュのジャケットにグレーのパンツ、足元はルーディックライダーのスニーカーという外し。

私はフランネルのスリーピーススーツ。色はボルドーで、マリネッラのタイとビーバーのハット。

そして、

今期のロロピアーナの生地で誂えた、ゆったりシルエットスーツが完成。

一体どんな感じなのか・・・

早速試着、改めてご報告してみたいと思う。

さて、明日は何着よう?

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2018年10月13日
ファッションアイテム | オーダースーツ

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles