オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
クルーの本日の気づき
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

2【受け入れる】

2015.9.19.土 の気づき

毎日のように、いくつものプロジェクトが同時進行しています。幾ら話し合っても尽きることがないほど、ボットーネに来てくださるお客様に喜んでいただける楽しい企画を考えています。(経営理念のミッションから:ワクワクする企画・洋服・サービスを日々創造しています。)

代表とは毎日3時間以上は話をしているんではないでしょうか?多い時では6時間くらい話していることもあります。気づけば「いつの間に、もうこんな時間」ということはざらにあります。その理由は、ボットーネにはそれだけ成し遂げたい使命があるからです。(それと同時に進めなければならないタスクもありますが)

本日も、代表とは報告・相談・連絡から始まりましたが、ここに本日の気づきがありました。私の性格上、熱くなると先の話がこうだろうと予測をして、話している途中で「つまりこういうことですよね?」と完結させがちな、せっかちな部分があります(特に本日はひどかったですね)。最後まで聞かずに、早い話が・・と詰めてしまうんですね。また、話の途中で案を思いついたりすると、最後まで聞いていると忘れてしまうので、話に割って入ってしまうんです。(「聴きなさい」とよく注意を受けます)といいますのも、いつも言わないままでいると、言いたいことを忘れてしまってもやもやしたまま出てこないんですね。(後日出てくるんですが、時すでに遅しです)

ただ、この方法では言っている方はたまったものではないですよね。言いたいことを言わせてもらえないんですから不満です。反対に、言いたいことを言わせてもらえると満足感が湧きます。聴き入れてくれたと安心します。実は、これは非常に嬉しいことなんです。

話をするには、思いやりが必要です。相手にどうしたら伝わるだろう、相手はどういうことを言いたいのだろう、と理解しようと考えて話すので、思いやりがとても大切なんです。(一方が話したいだけでは、会話ではありません。)

相手に聴き入れてほしいならば、まずは相手の話を聞き入れ、思いを受け入れてあげることが大切です。日々、気づかされることばかりですね。日々感謝。

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

2015年9月19日 ブログ | クルーの本日の気づき