オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
オーダースーツのお客様

ウインドウペーンのスーツと外資プレゼンのスーツと

%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%9a%e3%83%b3%e3%80%80%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%84
敏腕コンサルタント、K氏のウインドゥペンのスーツは、
そこまで艶やかにチェックは出ていないが、さり気なくファッショナブルなトーンがクライアントに伝わるはず。
マネキンはパープルシャツに、ブラウンのソリッドタイで、チェックの色糸と全体的なカラートーンを合わせた。

ウインドゥペーンという柄は、ここ数年トレンド傾向があったが、伝統柄だ。
窓の格子のようなチェックということでこのネーミングになっている。
糸色次第ではご覧のように全体ではさほど目立たないため、1着あると面白い。

%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%9a%e3%83%b3%e3%80%80%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%84-jpg
腰にはチェンジポケット。
チェンジ=お釣りという解釈もあるのだが、
遡るとこのディテールは弾薬入れだったのだとか。
鷹狩りなどのスポーツをする際のスポーツジャケットに付けられていたので、
現代でもスポーティな印象のスーツやジャケットに用いることがある。

私は19歳のときにポールスミスのスーツの多くがチェンジポケット付きで、
当時はなぜか、英国式=チェンジポケットというイメージを持っていたことがあり、
ブリティッシュスーツならばチェンジポケット、という記述を見たこともあるのだが、
そういってしまえばそもそも全ては英国から発祥したスーツだから、ブリティッシュも何もないわけだ。

%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%9a%e3%83%b3%e3%80%80%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%84-jpg
ご覧のように、K氏の体型にフィットするように仕立てているため、マネキン映えしない。
マネキンはある意味理想的なボディーだが、人間の体は前後左右異なるカーブがある・・・

さらにいえばウインドゥペーンなどのチェック柄は手作業で地合わせを行い、
手間暇もかかる。

さて、昨日は新宿にサロンがあった頃からのクライアント、Y氏のご紹介オーダー。
ともに外資系G社のエリート・ビジネスパーソンだ。
Y氏からオーダーを頂くときは、大きなコンベンションでスピーカーを務める際が多かった。

外資系のプレゼンテーションは、動く。
ステージを右から左へ、手を上に、ジャスチャーも表情も豊かに、
言ってみればいわゆるスティーブジョブズのようなプレゼンで、
壇上に立って黙々と話す日本的なそれとは勝手が違う。

Y氏のご紹介ということで、同じようなスピーカーを務めることもあるだろうと思い、
アームホールは極力小さくする提案をする。
アームホールは窮屈なくらいが実は良い服といえる。
アームホールが大きいと、手を挙げた時に身頃が引っ張られる。

過去は銀座E店で仕立てていたというY氏、
雰囲気を変えてソフトなイタリーテイスト・スーツ。
ぜひとも勝負スーツに加えていただければ幸いだ。

  • %e3%82%a6%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%9a%e3%83%b3%e3%80%80%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%84
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2016年12月25日
ボットーネ 松のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | オーダースーツのお客様

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles