あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ

新郎タキシード お色直しはどうしよう?

結婚式の楽しみのひとつに、お色直しがありますよね。
二次会なども含め、衣装を変えることでまた違った新郎新婦を見ることができます。

新婦はカラードレスが多いでしょうか?
白いドレスから、色味のあるドレスに、、、新婦は大胆なチェンジができますね。

一方、新郎はどうでしょうか?
タキシードを2着オーダー、、、というのは多くの皆様にとって現実的ではないかもしれません。

では、新郎はどのようなお色直しが良いのでしょうか?
お打合せ時にご相談いただくことも多いので、今回は「新郎タキシードのお色直し」について書きたいと思います。

今回のテーマは、“シャツ”です。

実は、シャツのアレンジひとつで、タキシードは同じでも全く違った印象になります。
代表的な3種類を例に、ご紹介します。

.

.

以前のブログでは、「ベスト」のお色直しについてご紹介しました。

.

.

ベスト以外のアイテムだと、もっとも取り入れやすいのは「シャツ」だと思います。
シャツなら今後プライベートで着用しても良いですし、当店でお仕立てさせていただいたタキシードであれば、スーツへのリメイクが可能ですので、リメイクしたスーツに合わせて楽しんでも良いですよね。
結婚式で合わせたシャツです、色合わせも当然バッチリでしょう。

どんなシャツにお色直しすれば良いか、今回は3つご紹介します。

.

.

■デニムシャツ

最近、非常に増えているのが”デニムシャツ”のオーダーです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

オーダータキシード(ボットーネ)さん(@bottone_omotesando)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

オーダータキシード(ボットーネ)さん(@bottone_omotesando)がシェアした投稿

デニムシャツであれば、ピンタックという胸のプリーツ仕様も可能ですので、よりタキシードらしいドレッシーなシャツとなります。
今後の使い道も考えて、スタンダード仕様ももちろんおすすめです。

ネイビーやブルーのタキシードが、程よくカジュアルダウンしてかわいくなりすぎないので、カジュアル過ぎるシャツに抵抗がある方にとっては特に取り入れやすいと思います。

.

.

■チェックシャツ
もうすこしポップな雰囲気を出したい場合は、”チェックシャツ”も選択肢に。


ポイントは色を多くしすぎないことです。
ファッションセンスが抜群であれば問題ないですが(笑)、ある程度色数を絞って柄を選択するとうまくまとまってくれます。
その時は蝶ネクタイは無地にするとバランスが取れるかもしれません。


ギンガムチェックだと、2色使いなのでチェック初心者には取り入れやすいと思います。

.

.

■柄シャツ
もうひとつの選択肢として、ちょっと派手目な柄シャツも取り扱っております。
以前オーダーいただいたお客様はこのようにまとめました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

オーダータキシード(ボットーネ)さん(@bottone_omotesando)がシェアした投稿

決して派手すぎる感じではありませんよね?
例えばこのような柄であれば、グリーンを連想させるガーデンウエディングなんかにぴったりではないでしょうか。

ベストも着用する場合は、Vゾーンからしかシャツは見えませんので、思い切って主張のあるシャツを選んでみても、個性が光りますよ。


お色直しでは、正装のルールは取っ払って、自由にファッション感覚で楽しんで見てください。
蝶ネクタイも、シャツとのバランスを意識してうまく引き算したり、ドレスや会場に使われている色味を拾ってみても統一感のあるコーディネートになると思います。

今回はシャツについてご紹介しました。
シャツ生地もたくさん取り扱っておりますので、お色直しにお悩みの方はお気軽にご相談ください。

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう
    FACEBOOK

中之丸ライター:中之丸建築デザイナーの父を持ち、一度は大手企業へと入社。5年勤務ののち、心の声に従い上京し、ボットーネに入社。
人生で情熱を注げることは2つ、1つはサッカー、もう1つはスーツ。
何事もコツコツ、地道に基礎を固め着実に行う動作の安心感の高さはクライアントからの評価も高い。

2019年7月13日
シーン別 | お色直し

おすすめ記事

  • ボットーネ アクセス
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネのスーツ・ジャケットスタイル365ブログ
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ

新着記事

FEEDFeedly