オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
  • オーダータキシード
  • 新郎タキシード オーダー

新着記事

《解説》ベストはどう選ぶ?タキシードのベストの形 腹巻のようなカマーバンド

オーダータキシード
タキシードやフロックコート、それにウエディングスーツと呼ばれるようなスタイルもあるけれど、内側に合わせるベストはどのような考えで合わせれば良いのでしょう?

ベスト、ジレ、ウェストコート、色々な呼び名があります。
日本ではちょっと着るから、チョッキと呼ぶという方もいるのですが。

本日はタキシードのベストについて解説していきます。

ネイビーピーク タキシード
まずは形なのですが、こちらのタイプ。
胸元が詰まって、Vの開き。
基本はこのタイプと考えます。

なぜかといいますと、現代でもシャツというのは下着という考えがありますが、下着を見せるということ自体が非常に恥ずかしいとされていました。

そこで極力下着を隠すわけですが、上着のボタンももっと多く、上の方まで留めていましたし、ベストも開きが浅い方が下着が見えにくいのです。

このタイプは華奢な方であれば、胸板を暑く貫禄を出すことができます。

グレージュのオーダースーツ
さらにいいますと、ベストには衿がついていました。
本来スーツや、タキシードをこの後説明いたしますカマーバンドを巻いてベストを着ないスタイルの場合は、上着を脱いではいけないことになっています。

これは上着を脱いだ状態だと、シャツ、つまり下着姿になってしまうので、恥ずかしいし失礼という風な考えからであると思います。
現代ですとそもそもがクールビスですし、上着時代を着ない文化になっていますね。
仕事で取引先企業へ伺っても、上着をお預かりいたします、と言われるかもしれませんが、もともとは脱ぐべきではないのです。

ですが、ベストがあれば脱いだ時に上着と同じ役割をします。

インナーだったベストが、一転して上着と同じ役になるので衿が付いていたのですね。

オーダータキシード

今度は丸く、Uの形をしている深いベストです。
こちらは先ほどより優美な印象です。

ベストを着用していますと、ジャケットのフロント・ボタンは立っている時でも留めなくともOK となります。
ベストを着用していない場合は留めなければいけないという国際ルールがあります。
これはスーツやジャケットスタイルでも同じなのですが、このUの形のベストですと、前ボタンを外してもエレガント、前ボタンを留めればシャツの白い部分が深くなり、相対的に足が長く見えます。

タキシード ピーク
前ボタンを留めることで、ベストは見えなくなりました。
Vゾーンが深い1つボタンのタキシード、グッと下に視点が下がりますから、スラッと見える効果があります。

さて、なぜこのように深いVゾーンのベストがあるかといいますと、こういったフォーマルの服は宮廷で着ていたのですが、どんどん略式になっていきました。
どういうことかといいますと、きちんとした服であったものが、部屋着になっていくのです。

もともとタキシードのジャケットにも2つボタンがあったのですが、部屋着になっていくので、ボタンが減っていったのです。

ですがそもそもスーツのような構築的な服が部屋着、という時代で窮屈な感じがしますよね。
そのような時代であったわけです。

こうしてボタンが減って簡略化していった末に、さらにベストが簡略化してしまいます。
それが、

タキシードのカマーバンド
まるで腹巻のようなカマーバンドです。
このカマーバンドを巻くスタイルを選んだ場合は、立っている時はジャケットのボタンを留めます。

なぜこのようなものが?
これはイギリスがたくさんの植民地を持っていたことと関係があります。

イギリスの植民地として有名な国は、インドです。
このインド、イギリスからたくさんの方が駐在していたわけですが、ご存知のとおり非常に暑い。

暑いのですが、イギリスの方々はとても服装はしっかりしており、ベストもしっかりと着用していました。
脱ぐなど許されないし、恥ずかしい。

そこでどうしたかといいますと、現地の方が腰に巻いていた布を見て、
《これでベストの代用にしたら??》と考えついたのです。

ということで、タキシードを着る時にお腹に巻くバンドは、インドの暑さ対策、ベストの略式でした。

カマーバンドタイプですと、上着を脱ぐことはありません。
また前ボタンを留め、やはり足を長く見せます。

オーダータキシード
上着の裾からもシャツが見えませんし、パンツとも一体化してエレガントです。

結婚式タキシードのカマーバンド
ベスト、内側といっても形だけでも深い世界観があります。
ぜひコンシェルジュと相談しながら最適な一着をオーダーしてみてください。
サロンではサイズにもよるのですが、羽織れるベストもございます。

  • オーダータキシード
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2017年8月5日
結婚式タキシード・タイムズ <新郎ルールブック> | 新郎タキシードの小物

おすすめ記事