あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ

007?ホワイトタキシードのオーダ-!白タキシードに黒パンツ

みなさん、こんにちは。

クルーの林です。

みなさんはタキシードと聞いて、どんなイメージがおありですか?

クラシカルなブラックタキシード 、落ち着いたネイビータキシード、鮮やかなブルータキシード、様々だと思います。

では、ホワイトタキシードと言えば?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

James Bond 007(@007)がシェアした投稿

このような007のホワイトタキシードを思い浮かべる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はそんな007のようなホワイトタキシードについて、お客様の制作事例と共にご紹介いたします。

T様のホワイトタキシード 

こちらはT様にご注文いただきましたホワイトタキシード。真っ白ではなく、やや生成りがかった白なのです。

イタリア素材で誂え、ショールカラーやボタンにはコントラストになるよう、黒のシルクを使いました。

オーダーいただきましたT様には、もともとこのようなタキシードのイメージがあったそうです。

初めに検討されていたレンタル衣装のお店や、既製服のお店でも、デザインは気に入ったものがあったそうですが、T様のお身体にあったものがなく、、、せっかくの気に入ったデザインも、なくなく断念したということでした。

そんな中、ご縁があり当サロンにお越しいただき、お打合せを重ね、今回のご注文をいただくことになりました。

夜間に撮影したものですが、雰囲気がありますね、、、非常に上品です。

通常は、ポケットの縁も衿に合わせて黒のシルクにするのですが、ご希望から素材の色を生かした白に。

N様のホワイトタキシード

こちらはN様のホワイトタキシード 。

前述のT様と同じく、柔らかで、きめ細かい光沢のイタリア生地で誂えました。

このようにパンツにはブラックを合わせるとコーディネートがぐっと引き締まって見えます。

衿とポケットの縁には、衿と同じく黒のシルクを使い、要所を黒で統一いたしました。

タキシードですので足元には勿論オペラパンプスを合わせます。

K様のナチュラルなホワイトタキシード

こちらはK様にお仕立てさせていただきましたホワイトタキシード 。

ナチュラルな華やかさ、品を求め、衿、ポケットの縁にシルクは使用せず、より素材を活かすために共地のショールカラーにいたしました。

ホワイトタキシードをお仕立てさせていただく場合、パンツは黒で引き締める事もありますが、今回はパンツもホワイトでお仕立てさせていただきました。

このケースではくるみボタンもホワイトにして馴染ませました。

ホワイトの共地のくるみボタンだと可愛いらしい雰囲気がマシますね。

ドレスウエストコートにはあえて少し雰囲気を変え、グレーのチェックを取り入れました。

A様のホワイトタキシード 

こちらはA様のホワイトタキシード 。

光沢もありながら、ハリコシのある生地で誂えました。

衿、くるみボタン、ポケットの縁、パンツ、全てホワイトでお仕立てさせていただきました。

カマーバンド調の深く開いた優美なベストは蝶ネクタイとのバランスが絶妙です。

裏地も白にしていますのでジャケットを脱いでも真っ白です。

全身ホワイトで統一し、細部までこだわりの仕様を取り入れています。

私個人として、最もエレガントだと思う装いでございます。

立体的な手結びのボウタイ

タキシードには、是非手結びのボウタイを合わせましょう。

実は少し練習していただければ簡単に習得できます。

ホックで留める簡易式のボウタイもありますが、これはレストランのウエイター用に、毎日しっかり結んで、となるとなかなか大変でしょうから、という理由で作られたものだと言われています。

起源を辿れば、もともとは手で結び、蝶の形を作っていました。

見た目の印象も、簡易式のボウタイとは立体感に大きな差がありますので、この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょう?

形を作りすぎず、程よい抜け感のある結び方をマスターすると素敵ですよ。

実はホワイトタキシードは夏用だった

白いタキシードというと、ギラっとした貸衣装をイメージされる方も多いかと思うのですが、

本来のフォーマルなタキシードはブラックなんです。

ですが、夏のパーティ用にこのような白い上品なタキシードが存在します。

白い光沢のある生地、マットな生地でお仕立てするも良し。

衿はナチュラルに共地の白、黒のシルクを使用してコントラストをつけるも良し。

パンツも共地にして全身ホワイトなエレガントな装い、黒で引き締めるも良し。

ホワイトタキシードの楽しみ方はたくさんあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ホワイトタキシードの撮影は汚してしまわないよう、白いグローブを着用して行いましたので、いつもとは違った緊張感がありました、、、

007のようなホワイトタキシード 、気品溢れるデザインだと思っていただけたら嬉しいです。

夏の結婚式はもちろん、ハワイ、グアム、湘南や逗子といった海を連想する場所にあるチャペル、レストランとの相性が良いので、気になった方はコンシェルジュまでお気軽にご相談くださいませ。

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう
    FACEBOOK

ライター:その他クルー

2019年11月5日
シーン別 | 海外挙式

おすすめ記事

  • ボットーネ アクセス
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネのスーツ・ジャケットスタイル365ブログ
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ

新着記事

FEEDFeedly