あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ

【永久保存版】結婚式オススメ靴ブランド タキシードに合わせる靴は何が正解?

みなさん、こんにちは。クルーの林です。

大切な結婚式に向けてタキシード、シャツを誂えた新郎の皆様。

足元にはどんな靴を合わせるか、もうお決まりですか? 

結婚式において新郎様の足元を飾っているのがその場にふさわしい靴であれば、それは素晴らしい事です。

しかし、実際にどんな靴を履いたら良いかお悩みの方も多いかと思います。

「靴は履いている人を表す」

という言葉もあるように靴は重要なアイテムの一つといっても過言ではありません。

靴を見れば相手がどんな人かわかると言われるほど、見られるポイントでもあります。

 

そこで今回は結婚式の新郎衣装に合わせる靴についてお伝えして参ります。

この記事の目次

 

・どんな靴がふさわしい?色は?形は?

フォーマルには色々なルールがあります。

歴史もありますし、色や形が決まっている点が少なくありません。

ここからは、簡単にどのようなポイントで選べば間違いがないのか?

また、それはなぜ?

ということをお伝えいたします。

・靴の色は黒

フォーマルのルールに則っても、靴の色味はやはり「黒」と決まっています。

これはもともと中世のイギリスの階級社会の影響から

貴族の集まりは黒靴で、というような掟が生まれ、

また当時ビジネスの場が室内だった事も影響し、

室内で履く靴は黒、屋外で履く靴は茶という流れが出来たとされています。

タキシードは室内着ということで、室内履きの黒い靴というわけですね。

・茶靴はどうしてだめなのか?

では、茶靴はどうなのでしょう?

結論を申しますと、茶靴はフォーマルとしてはふさわしくありません。

先ほど階級社会と書いましたが、黒い靴とは違い、

茶色の靴は田舎者(カントリー)とされています。

イギリスでは今もビジネスでは茶靴を良く思わない文化も残っています。

基本的にはタキシードの靴は黒が原則となるのです。

・靴のデザイン(内羽根仕様と外羽根仕様)

それでは、黒ならどのような靴でも良いのか?というと、そうでもありません。

靴の形は様々ですが、フォーマルなシーンやウエディングにおいては、

「内羽根」仕様の「ストレートチップ」もしくは「プレーントゥ」と言う装飾の少ないシンプルな靴がふさわしいです。

こちらは「外羽根」仕様の靴。

この形はブーツなどのカジュアルな靴に多く使われており、あまりフォーマルには適していません。

・靴のデザイン(ブローグ)

こちらはセミブローグという模様が入っているタイプ。

ビジネスでは国際的にOKとされる靴なのですが、こちらもフォーマルなシーンには向いていません。


この模様は、もともと農作業などをするときに通気性が良いように、という観点から取り入れられた、といわれています。
これは作業=ビジネスという捉え方から、ドレスアップをする時は靴を履き替えてくるべき、というメッセージがあったのかもしれません。

・エナメル靴はベスト

そして、タキシードならオペラパンプスがベスト。


なぜエナメルなのかと言うと、
タキシードなどの夜会用の服を着て、男性は女性とダンスをするわけですが、この時にドレスを靴墨で汚してしまわないように、と言う紳士の考えから靴墨を必要としないエナメルになったと言われています。

・おすすめの靴ブランド

ここからは、タキシードの装いに相応しい靴(スムースレザーの靴)のおすすめブランドをご紹介したいと思います。

一度は聞いたことのあるブランドがあるのではないでしょうか?

◼️3万円台

・REGAL(リーガル)

・SCOTH GRAIN(スコッチグレイン)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

スコッチグレイン 株式会社ヒロカワ製靴さん(@scotchgrain_official)がシェアした投稿

日本国産のコストパフォーマンスに優れた革靴を多く展開しているSCOTH GRAIN(スコッチグレイン)はヒロカワ製靴が設立したオリジナルブランドです

◼️5万円台

・SHETLAND FOX(シェットランドフォックス)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

SHETLANDFOX シェットランドフォックスさん(@shetlandfox_official)がシェアした投稿

こちらも日本国産。

SHETLAND FOX(シェットランドフォックス)は日本で最初の英国紳士靴専門店としてスタートしました。

日本人に英国靴を根付かせたパイオニアとしても知られています。

実はリーガルが展開する最上位ブランドなのです。

◼️8万円台

・ALDEN(オールデン)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Alden Shoes NYCさん(@aldenmadison)がシェアした投稿

アメリカ靴の王様との呼び声も高いALDEN(オールデン)はトラディショナルなだけでなく、快適な履き心地と上質な革質を追求し続けています。

医療用矯正靴から発展したという面白いルーツのあるモディファイドラストという木型はブランドを代表する木型でもあります。

・CROCKETT&JONES(クロケット&ジョーンズ)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

CrockettandJones_Officialさん(@crockettandjones_official)がシェアした投稿

創業から130年以上変わることのない伝統の靴作りにおける哲学が今も尚受け継がれているのがCROCKETT&JONES(クロケット&ジョーンズ)。

世界的に見ても最高級メーカーとしての地位を誇り、世界中で最も多くの木型を持つブランドとしても有名です。

◼️10万円以上

・John Lobb(ジョンロブ)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

JOHN LOBBさん(@johnlobb)がシェアした投稿

キング・オブ・シューズと言えば、John Lobb(ジョンロブ)だ。と仰る方も多いのではないでしょうか?

John Lobb(ジョンロブ)は1866年の創業時にはビスポーク(オーダーメイド)靴専門店としてスタートしましたが、1980年代より既成靴の分野に進出。

フランス靴のようなエレガントさと英国靴らしい強さを兼ね備えたシューズは世界中のセレブや愛好家から愛されています。

・EDWARD GREEN(エドワードグリーン)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

EDWARD GREENさん(@edwardgreen1890)がシェアした投稿

言わずと知れた名門であるEDWARD GREEN(エドワードグリーン)。

英国革靴の中でも最高峰の評価を得る背景には、英国靴の伝統を守りつつも、エレガントなシルエットにあります。

その上質な革靴は愛好家だけでなく同業の靴職人すら絶賛すると言われ、

中でも「チェルシー」(ストレートチップの内羽根)は不朽の名作です。

・シューズオーダーという選択も

上記ではおすすめの既成靴をご紹介しましたが、お時間が許せばオーダーというのも1つです。

例えば私たちのサロンでも価格も4万円、6万円などでオーダー可能です。

数ある中からメインとなる革をお選びいただくことができます。

・作品例

カーフレザーを使用して誂えたストレートチップ。

カーフとは、生後6ヶ月以内の仔牛の革から採取したレザーのことを指します。

どんなシーンにも対応出来るので結婚式からその後のビジネスシーンにも幅広くお使いいただけます。

履き込んでいけばいく程、足に馴染み、味が出てくるのが革の良さ。

男のロマンですね。

スムースレザーとエナメルのコンビシューズ。

華美になり過ぎず、エナメルの華やかさを併せ持っています。

程良い光沢を求める方にオススメの1足。

サイズが合わない靴を履き続けると足を痛めてしまう事もあります。

実際に私は足の甲が高く、長さに対して幅が広いせいで、既成靴ではなかなか合うモノがありません。

その点、オーダーであれば細かな調整が可能なのです。

・まとめ

いかがでしたか?

新郎衣装に合わせる靴は、黒。

仕様は内羽根式で、ストレートチップもしくはプレーントゥ、

タキシードであればオペラパンプスがよりふさわしいです。

様々な靴ブランドがありますので、お気に入りのブランドやフィットした靴と出会って、式に臨みたいですよね。

一生に一度のご結婚式にタキシードを誂えたなら、細かな所にも目を向けて、靴にもこだわってみてはいかがでしょうか。
おふたりにとって大切な結婚式に向けた準備が、より一層思い出に残る素晴らしいモノになるかもしれません。

さて、明日は何を着よう?

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう
    FACEBOOK

ライター:その他クルー

2019年8月23日
小物の着こなし | タキシードの靴

おすすめ記事

  • ボットーネ アクセス
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネのスーツ・ジャケットスタイル365ブログ
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ

新着記事

FEEDFeedly