オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ

フロックコートのベスト 同色?別色?

フロックコートという言葉から、いろいろな意味を発掘できます。

まず、フロックコートのコートという言葉。

コート、というと冬に着るコートを連想しますが、実はもともと上に羽織るものをコートとイギリスでは呼んでいました。

フロックコートをはじめ、例えばウエストコートという用語があります。

ウエストコートとは今の時代でいうベスト。

ベストはもともとコートという考えです。

日本ですと、ベストのことをちょっと着るから、とチョッキ!などと言う風潮もご年配の方々はあるようです!

が、ちょっと着る、という程度のものではないんです。

上の着ているジャケットなどを脱げば、ウエストコート(ベスト)は上着と同等の役割とみなされます。

つまり、立派な上着なんです。

そもそもは、フロックというのは服という意味。

服を重ねて着ていたわけです。

インナーで色を変えて遊ぶのはどうなのでしょう?

実は、もともとインナーどころか、上着・ベスト・パンツとそれぞれ違う色でした。

生地も、柄も、全部違います。

それが贅沢ですし、普通は違うということだったのですね。

いつしか簡略化されて一緒の上下(ベストも一緒のスリーピースが登場した)になったのですが、本来は別々の服をまとっていました。

例えば内閣の組閣、ということでモーニングコートを着るシーンなら、上は黒、パンツはストライプのグレーで、ベストはライトグレーというスタイルなはず。これも英国貴族のスタイルの名残です。

現代だと、スリーピースという言葉があるように、揃っていても統一感があってエレガントだと思います。

いろいろなシーンで応用もできますし。

シックで、私は好きなスタイルです。

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2018年5月5日
小物の着こなし | ベスト

おすすめ記事

  • ボットーネ アクセス
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネのスーツ・ジャケットスタイル365ブログ
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ

新着記事