オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

タキシードをスーツにリメイクするのは、何%?

スーツへのリメイク タキシード

結婚式で着用したタキシードやフロックコートを、後日スーツにリメイクすることも可能です。
タキシードもフロックコートも、どちらもリメイク前提で制作も可能ですが、それぞれ違いがあるのですが、
タキシード、フロックコート、それぞれのリメイク率はどのようなものか、少し追ってみました。

オーダータキシード ショールカラー

タキシードからスーツのリメイク

タキシードからスーツのリメイク希望は、実はおよそ10%未満です。
理由は4つあります。

・今後もタキシードは着用できる
・リメイク費用がやや高額
・少し妥協しなければならない点がある
・最近相談が増え、行った経緯があり、あまり大々的にも公表していなかった

タキシードをリメイク

まず、タキシードというのは、新郎のみが着る服というわけではなく、
ハリウッド俳優がアカデミー賞受賞式で着用することもあれば、
バーテンダーが着用することもあります。
もちろん結婚式に参加するという立ち位置で、タキシードを着用することも可能です。

タキシードを着用する場面は、大きく分けて2つあります。

1:タキシード着用必須のドレスコードがある場合
2:タキシードを着用して、気持ちを表現する場合

タキシードのカフリンクス

結婚式の主役以外でタキシードを着用する場面

1:タキシード着用必須のドレスコードがある場合

1は、パーティの招待状に、ドレスコード(洋服についての制約)が書かれている場合で、
<タキシードでお越しください>と記されている場合を指します。
また、<ブラックタイ>と書かれていた場合も、黒いタイをしてきて、ではなく、
ブラックタイ=タキシード・スタイルで参加する必要がある、となります。

特にこの場合は、どこかに装飾を入れたり、タイで遊ぶようなスタイルではなく、
純然たるタキシード・スタイルである必要があり、
当然のようにタキシード・スタイルを各国の自宅のクローゼットに揃えている方もいます。

そのようなこともあり、ボットーネでは、
ショールカラーのタキシードを、後日スーツにリメイク、とはあまり謳っていませんでした。
ただ、物理的には前面を再制作する、というような工法で、修理リメイクができなくはないため、
現在は10%未満となっています。

新郎 手結びボウタイ
結婚式の主役以外でタキシードを着用する場面

2:タキシードを着用して、気持ちを表現する場合

2は、つまり着用必須ではないけれど、スーツでも良いけど、
タキシードでさらにお祝いの気持ちを表現しよう、という時に着用するので、
こうでなくては、というルールよりも、気持ちやファッションという観点からのタキシード着用です。

ただし、基本的には夕暮れ以降に着用するのがタキシード。
18時(冬季など日暮れの早い季節は17時目安)以降に着用するという定義があります。
とはいえ気持ちを表現するのが目的なので、13時から着用して、夜に差し掛かるパーティであれば、
着用しても良いという考え方もあります。

このように、タキシードは結婚式の主役以外であっても今後も着用することもできる、
という点から、一着持っておこうか、という方もおり、
リメイク率が低いことも考えられます。

現代の日本でタキシードを着用する文化は広がりつつあり、結婚式やパーティでもタキシードを着用している紳士を見かけます。
もちろん海外のパーティなどに参加する可能性がある方、海外のクライアントがいる企業の方は、リメイク前提ではなく、1着所持しておいて損はないと思います。

リメイク費用がやや高額

こちらは、フロックコートからスーツにリメイクする方法よりも高額、という意味ではあるのですが、
新たな生地も必要になるため、10万円~12万円くらいのタキシードの想定で、おおよそ2万円程度がリメイクコストとなります。

フロックコートをスーツにリメイクする場合は、5,000円から、ボタンなどにこだわったとしても1万円はかからないことからリメイク率は高いと考えられます。

・後日も使用でき、2万円程度の追加予算を組むのならば、リメイクせずに持っておこうか。
・そもそも当日の挙式のために作るのだから
・海外挙式で2回以上使用するから、そもそれもレンタルよりは購入が良い

このような場合、
リメイクせずともレンタル・タキシードよりもメリットがある、というご意見は多くあります。

妥協しなければならない点

パンツのライン(側章)が入りません。
そこにはこだわらない、という方もいらっしゃると思います。

結婚式タキシード スーツにリメイク
フロックコートからスーツへのリメイク

フロックコートからスーツへのリメイクについては、60%近くなっています。
こちらは意外にも100%にならないのがリメイク率で、理由は3つあります。

1:名残り惜しく、やはりそのままにしておこうと思った
2:次回着用日がないため、挙式後まだリメイク依頼をしていない
3:そもそも当日着用しようと思い、オーダーしたため、リメイクしようと思っていなかった

1:名残り惜しく、やはりそのままにしておこうと思った

1は、後々お写真を見ていても、いろいろと思い出すもので、
洋服もそういう記念や思い出にもなるため、
そのまま保管しておこう、と心境の変化からリメイクしないという選択に至る方がいらっしゃいます。
そもそもドレスなどもオーダーした場合には所持しておくわけですから、
この考え方も素敵だなと思います。

2:次回着用日がないため、挙式後まだリメイク依頼をしていない

2:結婚式が終わりますと、お引越し、家具探しと落ち着くまでに時間がかかるケースもあります。
スーツへのリメイクには期限を設けていませんので、
まだリメイク依頼をしていない、という方がいらっしゃるため、100%にはならないという事情もあります。

3:そもそも当日着用しようと思い、オーダーしたため、リメイクしようと思っていなかった

3は、とにかく当日の結婚式で着用する1着を、オーダーで、という前提でのご依頼なので、
タキシードもそうですが、フロックコートであってもそのまま残しておく、という方もいらっしゃいます。

また、稀ではありますが、
友人・弟に壌土した(その後結婚式を挙げる予定があり、体型がそれほど違わなかった)という
少数意見もお伺いします。

フロックコートは、日本でも明治時代には正装として、持っていなければ紳士と呼べない、などと揶揄された時代がありました。
ですが、現代においては今後の結婚式の列席で使用する、という文化はありません。
ある意味で非常に主役感が出るため、列席のシーンで着用すると、主役と雰囲気が重なってしまう傾向も。
そういった意味では、フロックコートをオーダーする場合は、スーツへのリメイク前提という方が多くなると思います。

いずれにしても大切な衣装、
例えばちょうどこんなスーツが欲しかった、という逆算から、
リメイクして今後も着用する、という発想も、コストパフォーマンスが高いと思いますし、

当日自信を持って過ごせるための1着、
今後ではなくとにかく挙式重視で、とリメイクしない選択も良いと思います。

こうしたい、こんな状況です、などまずはメールにてコンシェルジュにご相談くださいね。

  • スーツへのリメイク タキシード
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

2016年9月3日 結婚式タキシード・タイムズ <新郎ルールブック> | タキシード⇒スーツ リメイク