あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ

ブートニエール その名前の由来は?

結婚式でタキシード、フロックコートを着る時、新郎は胸にお花をつけています。

また、例えば既製服のブランドにおいてもラルディーニというブランドのスーツのラペルにもお花のピンがついています。

実はこのお花、ブートニエールといって、何とも粋な意味のあるものなのです。

ブートニエールとは、ジャケットの襟穴に付ける一輪の花。
これは、プロポーズした時にOKを貰った!という意味があったそうです。

.

ブートニエールとプロポーズ

ブートニエールは、ヨーロッパでのプロポーズと関係があるといいます。

女性に結婚を申し込む時に、男性は花束を捧げる。

花束を彼女にプレゼントする。

そして、プロポーズの愛の言葉を告げる。

僕と結婚してくれますか?

もし答えがYesなら、彼女はその花束の中から一輪を抜きとる。

そして、そっと彼の胸に飾る。

一輪の花は、気持ちを伝えるツールだったのです。

.

ラペルのボタンホール

ジャケットのラペルには、ボタンホールがあり、ここに社章を付けている光景をよく見ることがあります。

実は、このボタンホール、もともと第一ボタンの名残り。

なかなか上の方までボタンを留めて服を着ていたのです。

さて、今、実際にラペルにボタンホールがある、と思ったら穴が開いていない!というジャケットもあるかもしれません。

こういうのは、ネムリとか、ネムリ穴とテーラーでは呼びます。

これではプロポーズのOKが貰えなくなってしまいますね・・・

.

ブートニエールの言葉の意味は?

ではブートニエルという名前の由来は何でしょうか?

ブートニエールはもともとフランス語です。

そして、その意味は・・・

ここでボタンホールの話に戻ります。

もともとは第一ボタンの名残り、そこにはボタンがついていました。

しかし、時代と共に、ボタンをつけなくなり、ボタン屋さんは仕事が減ってしまうのです。

それを見たお花屋さんは胸につける花をブートニエールと名付けました。

フランス語で、「ボタン=ブトン」「~の人=er」

ボタン屋さんという意味を込めて”ブートニエール”。

今のフランス語にこそ飾り花の意味でも使われるようですが、

仕事が減ってしまったボタン屋さんを思って、名付けたのです。

フランス人って粋でしょう?

まとめ

ということで、ブートニエールは、フランス語でボタン屋さんという意味が隠されていたのです。

それが飾り花の意味にもなっていきます。

もともとは男性がプロポーズをして、OKだった場合に女性が男性に挿した花。

時にはブートニエールをラペルのボタンホールに挿し、食事に出かけてみてはいかがだろう?

さて、明日は何着よう?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

オーダータキシード(ボットーネ)さん(@bottone_omotesando)がシェアした投稿

インすらグラムも是非ご覧ください!

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう
    FACEBOOK

ライター:その他クルー

2019年7月9日
トピックス | コラム。

おすすめ記事

  • ボットーネ アクセス
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネのスーツ・ジャケットスタイル365ブログ
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ

新着記事

FEEDFeedly