オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ

春のご結婚式のタキシード

結婚式タキシード
今朝は1月末のご結婚式のお客様、
そうかと思えば、先ほどは4月挙式の、いよいよ春のご結婚式のオーダータキシードの打ち合わせもスタートしています。
ハワイやグアムで挙式、その後の1.5次会が国内で、4月や5月、という方も多いですね。

4月ご結婚式のI様は、
ウェブを御覧いただいていて、イメージを固めてのご来店。
「イメージは、、あのモデルです。」と、すぐにマネキンを指されました。
羽織ってみましょう、とご案内し、色々とタキシード、フロックコートなど羽織っていく。

そうしてやはり最後に行きついたのは、もともとのイメージのフロックコート。
「この色味ならば仕事でも着れます」と、リメイクを視野に入れて、割と艶やかなブルーでしたが、
近年は職場でも青みが強いネイビーのスーツを着用する方も多いので、問題ないとのこと。

デザイン、裏地もすぐにご決定となりましたが、
採寸・フィッティングは12月になりました。

サロンで完成品をお羽織いただきますと、
「レンタルとは違う、いいね」と奥様からおっしゃっていただけるのは当たり前かもしれませんが、
フィットしたタキシードが手元に届きますと、
一層お式が楽しみになるものですね。

またリメイクしてその後ご着用いただけますのも、
ずっとお手元に残り、そして奥様との特別なディナーなどの際は、
リメイクしたそのスーツでお出かけになられてはいかがでしょう?

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2016年10月29日
トピックス | コラム。

おすすめ記事

  • ボットーネ アクセス
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネのスーツ・ジャケットスタイル365ブログ
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ

新着記事