あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ

ラグジュアリーなリゾートタキシードをスーツにリメイク!

みなさん、こんにちは。クルーの林です。

ボットーネでは、ご結婚式用にお仕立てさせていただいたタキシードをスーツにリメイクする事が出来ます。

今回はリゾートにて挙式を挙げられたお客様のタキシードをリメイクさせていただきましたのでご紹介いたします。

ラグジュアリーなリゾートタキシード

まずはタキシードの姿からご覧いただきます。

艶やかな色味、上品な光沢のあるブルーでございます。

イタリアの生地でお仕立てさせていただきました。

リゾートの雰囲気に合うカジュアルなタキシードを求め、数ある生地の中からこのアクアブルーの生地をお選びになられました。

こういったカジュアルなタキシードの場合、リネン(麻)素材でお仕立てさせていただく事があるのですが、こちらの素材はウールとリネンが混ざった素材です。

リネンだけではなく、ウールが混ざることによってウールの滑らかな光沢が加わるのです。

今回はハワイ、リゾートでの挙式ですので衿にシルクははらず、ナチュラルなタキシードとしてお仕立てさせていただきました。

衿以外のタキシードとしてのディティールはそのままに、ボタンも同じ生地で包んだくるみボタン、ポケットももちろん両玉仕様です。

明るいネイビーの蝶ネクタイ、ブルーのチーフを胸に挿して同系色でコーディネートをまとめています。

蝶ネクタイは手結びタイプとホックで留めるタイプとあるのですが、このような手結びタイプの蝶ネクタイはボリューム、立体感があってエレガントですね。

タキシードからスーツへリメイク

そしてこちら、スーツにリメイクをさせていただきました。

衿はショールカラーからノッチドラペルに生まれ変わっています。

ジャケットのフロントにつきましては、

タキシードでは1つボタンでしたが、スーツに生まれ変わり2つボタンになっています。

リネンの素材を活かして黒蝶貝のボタンを合わせています。

春夏用のラグジュアリーなスーツになりますので、ボタンも季節感を出しています。

見ているだけで涼しげな感じがしますね。

ポケットは両玉仕様から雨蓋のついたフラップ仕様に。

この雰囲気であれば、スポーティにアウトポケットにするのも面白いですね。

背仕様はノーベントからサイドベンツになっています。

サイドベンツですと両方で力を逃がす事ができるので軽やかに見えます。

コーディネート

白いリネンシャツにブラウン×サックスブルーのペイズリー柄のネクタイ、サックスブルーのチーフを合わせてコーディネートいたしました。

ブルーの活かす為に淡い色味を合わせておりますのでジャケットの青さが引き立っているかと思います。

白いパンツを合わせて、より爽やかにコーディネートするのも良いですし、濃い色味のデニムを合わせてりして引き締めても良いですね。

タキシードのように蝶ネクタイでドレスアップしてみました。

蝶ネクタイとポケットチーフに濃いブルーを持ってきたことで濃淡が生まれ、締まって見えます。

お呼ばれした夏のパーティーにはこういった装いで参加するのも素敵なのではないでしょうか。

ノータイでさらりと羽織っても素敵です。

どこかリゾートの風を感じるようなこの爽やかな感じでしたらTシャツやポロシャツに軽く羽織るようなスタイルもカッコいいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

カジュアルなリゾートタキシードもこのようにスーツにリメイクをする事で長くお召しいただけます。

今回は挙式ではタキシードの雰囲気を楽しみたい、挙式後はスーツとして着たい、というご要望がありましたのでリメイクしておりますが、こういった衿にシルクのはらないナチュラルなタキシードはそのままお使いいただくこともできます。

皆様それぞれのご構想、イメージに寄り添ったご提案をさせて頂きますので、気になった方はコンシェルジュまでお気軽にご相談くださいませ。

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう
    FACEBOOK

ライター:その他クルー

2019年12月23日
タキシードの着こなし術 | タキシードからスーツにリメイク

おすすめ記事

  • ボットーネ アクセス
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネのスーツ・ジャケットスタイル365ブログ
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ

新着記事

FEEDFeedly